元・地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

Adsense(アドセンス) vs. Pitta!(ピッタ!)収益が高いのはどっち?

9月9日に下記赤い部分にある広告をPittaからアドセンスに変えました。
ちほちゅう広告位置02
(ピンクの部分はもともとアドセンス広告、ブルーのところはもともとPitta!広告、グレーのところは他社広告)
その前後でのRPM(1000PVでの広告収益)の推移を比較してみました。
なお、RPM(Revenue per thousand impressions)という言い方はアドセンス独自のものらしく、Pitta!や他のWeb広告にはそういう指標はありませんでした。
>> 続きを読む

Pitta!(ピッタ)で粘ったら少し広告収入が増えた

過去に「Pitta!(ピッタ)でセルフマッチ広告がなくなり収入激減」という記事を書いたが、その後、特になにか設定を変えたわけではないのだが収入が盛り返してきている。
>> 続きを読む

Pitta!(ピッタ)でセルフマッチ広告がなくなり収入激減

Pitta!(ピッタ)はインターネットの広告代理店。
こちら→がPitta!(ピッタ)に買っていただいている広告スペースだ。
いままでPitta!(ピッタ)にはセルフマッチ広告とインプレッション広告の2種類があった。

セルフマッチ広告っていうのは広告主が媒体をみて広告の出稿を決める仕組み。
媒体は自分で売値を決めることができ、これが、Pitta!(ピッタ)内ではシステムとして完成していた。
ただ、実際セルフマッチ広告が入ったのは数えるほどしかなく、ほとんどがインプレッション広告(媒体は選べず大雑把なカテゴリ等しか選べない)だった。
それでも一日30円程度は貰えていたものだ。

ところが、セルフマッチ広告がなくなるとの連絡を受けたその日から広告収入が10円以下に激減した。 
これはなぜなのだろうか? 

■ 広告マーケットプレイス Pitta! [ピッタ!] 
>> 続きを読む

自社広告を出し始めたら注意が必要

現在、メイン広告としてPitta!を導入しているのですがちょっと気になる事が最近ありまして。。
今までほとんど見た事なかったのですが、ここ数日、自社広告を目にする事がたびたびあるんです。
「自社広告が多くなる」=「広告が売れない」ということでちょっと気になってます。

ネット広告ハンドブック 最新知識から出稿の実務、効果測定、技術動向までネット広告ハンドブック 最新知識から出稿の実務、効果測定、技術動向まで
著者:デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
販売元:日本能率協会マネジメントセンター
発売日:2009-02-27
おすすめ度:4.0
レビューを見る
>> 続きを読む

AD-Butterfly(アドバタフライ)はもうダメっぽい

AD-Butterfly当ブログで一番のいい場所をとりながらまったく依頼の来ないAD-Butterfly(アドバタフライ)
最近、Pitta!(ピッタ!)ってサービスも始まったみたいだし、このままあまり依頼がなければやめよかなぁと思いネットで調べてみると、2ちゃんのスレッドを見つけた。
AD-Butterfly(アドバタフライ)
読んでみるとAD-Butterfly(アドバタフライ)がどんな風に変わって今どうなっているかがよくわかった。さっそく引用。
>> 続きを読む




    最新コメント