元・地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

イメージ広告も表示させた方が広告収益が上がる

以前、Googleに勧められて、当ブログに貼ってあるアドワーズ広告にテキスト広告だけではなく、イメージ広告も表示させるようにしました
そもそも、なぜ、テキスト広告だけにしていたかというと一般的にクリック率の高いのはテキスト広告だといわれているから。
これは本当なのですが、イメージ広告との連携により、より全体のクリック率や収益率が上がってくるみたいですね。
つまり、それが本当かどうかという報告です。
>> 続きを読む

Googleに勧められたのでテキスト広告だけじゃなくイメージ広告も表示させるようにした

先日、「Google AdSense」から当ブログに張っているAdsenseについてメールが届いた。
それによると、テキスト広告だけの表示よりもイメージ広告も織り混ぜたほうがRPM(1000回あたりの見積もり収益額)が上がるとのこと。
以下、届いたメール内「変更をおすすめする理由」から抜粋。
テキスト広告とイメージ/リッチメディア広告の両方を表示する設定にすると、サイトに掲載可能な広告が増え、インプレッション収益(RPM)も高くなります。両方の広告タイプを表示した広告ユニットでは、いずれか一方のみの場合と比べて RPM が平均 118% 高くなるという結果が出ています。
なるほど数字が出てるのだったらやって見る価値があるかも。

Google AdSenseからのススメ01
右上の細長いバナーの部分。今まではテキスト広告だった。
>> 続きを読む

レイアウトが整っている方がCTRは落ちるの法則

漠然となのですがこれ、以前から思っていたことなんです。

レイアウトが整えば、広告の可視性が上がり、そのことで広告を広告と認知しやすくなる。
したがって、バナーブラインドネスに代表されるように広告はなるべく見たくないといった意識が働き、結果としてCTR(クリック率)が落ちる。

でも、あくまでも漠然と感じでいた事で実際統計をとったわけではない。
が、それが実証されるとも考えられるデータが入手できました。
>> 続きを読む

「アドセンス(Adsense)」緑→青→緑の軌跡

こちらの記事でやると言っていたので報告します。
アドセンスのリンク色は何色が一番効果があるのか?に関しての考察及び実験です。
>> 続きを読む

「アドセンス(Adsense)」緑から青に変えてどうなった?

以前、アドセンス(Adsense)のリンク色を緑から青に変えて3ヶ月間様子を見るとしていたのですが、気付いたらもう既に3ヶ月以上たってました。
そこで、リンク色を変えてからの「クリック率(CTR)」及び「有効インプレッション単価」を公表します。
>> 続きを読む

クリック率が高いのは「緑」か「青」か?

ソース失念してしまったのですが、何かでクリック率の高いリンクの色は「緑」だと聞き、それ以来「緑」にしているアドセンスのリンク。
ところがどうも、デフォルトの青が一番クリック率が高いらしいとの情報が入ってきた。
そういえば、以前の方がクリック率(CTR)が高かったような気もしないでもない。
デザインリニューアルの落とし穴

【PR】
グーグル・アドセンスの歩き方―収益が飛躍的にアップする最適化の必須テクニックグーグル・アドセンスの歩き方―収益が飛躍的にアップする最適化の必須テクニック
著者:グーグル・アドセンス研究会
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2008-12-12
おすすめ度:4.5
レビューを見る
>> 続きを読む

デザインリニューアルの落とし穴

9月17日にデザインリニューアル(ヘッダー部)をしてから約1ヶ月たちました。
今のところたいした変化はないのですが、むしろちょっとだけマイナスに働いたと思われることがあったので報告します。

グーグル・アドセンスの歩き方―収益が飛躍的にアップする最適化の必須テクニックグーグル・アドセンスの歩き方―収益が飛躍的にアップする最適化の必須テクニック
著者:グーグル・アドセンス研究会
販売元:ダイヤモンド社
発売日:2008-12-12
おすすめ度:4.5
レビューを見る
>> 続きを読む

「円安ドル高」予想大ハズレ!!

もっと待てば。。やはり素人まったく予想が逆になっちゃいました。
もう、我慢できませんっ!!
アドセンスの振込みを保留して数ヶ月。
1ドル=100円まで待とうと思っていたのですがもう我慢の限界です。
といいながら支払い手続きを開始してからグングン円は下がりドルは上がる。
このままだと当初の目標だった1$=100円も目と鼻の先です。
たまたま支払いまで時間があったから多少は上がったものの、記事を書いた2月3日のレートは約90円。で、今約99円。下手したら2000円以上の差です。
もっとも、もらえる額が安いか高いかだけで決して損してるわけじゃないんですけどね。
>> 続きを読む

Adsenseの効果と料金

個人でAdsense広告を出してどれくらいかかってどれくらいの集客があったのかの一例。
実はこれ、僕もひそかに考えていたのですが。。

Google Adsense の件について - IT戦記
>> 続きを読む

アフィリエイトは儲からない

ネットゲリラ: アフィで儲ける
おいら、むかしエロ文書きで、毎月原稿用紙数百枚のポルノ小説書き飛ばしていたんだが、アレが400字で3000円くらいだったんだが、Amazonのアフィは月間10万円程度なので、換算すると原稿料では400字で1000円くらいなのかも知れない。
一日10万PVのネットゲリラさんですらこの数字。どう考えても儲かる商売じゃありません。
>> 続きを読む

アドセンスは米ドルで振込みできない

アドセンスの振込先をシティバンクに設定しました
そもそも、なんでそんなことを考えたかというと、円高のこのご時世、
アドセンスで得た広告料金を米ドルのまま楽に手に入れたかったからです。
小切手でもいいのですが換金に都内まで行かなければならないのが大変で。。
>> 続きを読む

アドセンスの振込先をシティバンクのeセービングにする方法

アドセンスの振込先をシティバンクのeセービングにする方法を考えてみた。
とりあえず、eセービングの銀行コード、支店番号、口座番号がわかれば何とかなるはず。
ところがeセービングで入手したカードには謎の16桁の番号が書いてあるだけで通常のキャッシュカードに書いてある番号と違う。

まずはあてずっぽで最初の4桁を銀行コード、次の4桁が都合がいいことに最初が0だったので、下3桁を支店コード、そして後半の8桁のうちこちらも都合がいいことに最初が0だったのでそれ以外の7桁を口座番号と勝手に決め付けてアドセンスの振込先に登録してみる。
ところが、もちろんダメ。
>> 続きを読む

円が高いときにアドセンスが日本円で振り込まれた

アドセンスが入金された通帳もっとも円が高く、もっともドルが安くなっている今、アドセンスで得た広告料金が三井住友銀行に日本円で振り込まれました。
シティバンクにも口座を作っていたのでそちらに早めに切り替えておくべきでした。
シティバンクだったらドルのまま預けられます。
>> 続きを読む

アドセンス(adsense)換金への道 後編

シティバンク大手町支店ようやくアドセンス(adsense)の小切手を換金してきました。
といっても、シティバンクの口座への振込みです。
小切手を発行しているところがシティバンクなので、手数料は一切かかりませんでした。
ちなみに、地方都市銀行で手続きすると手数料に4000円程度かかってしまうそうです。
詳しくは前編をご覧ください。
>> 続きを読む

アドセンス(adsense)換金への道 前編

Googleからの手紙初めて約1年。アドセンスから小切手が届きました。
金額は$117.05。現在のレートで約1.3万円。
小遣い少ないサラリーマンにはうれしい収入です。
が、これ、どうやってお金に換えたらいいの?
とりあえず、Googleで「アドセンス 換金」で調べてみます。
>> 続きを読む




最新コメント