元・地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

真実は小説より奇なり。ノンフィクション「凶悪−ある死刑囚の告発」に本当の人間の怖さを見た

北関東三部作と銘打った「SRサイタマノラッパー」、その3を観た時の記事に北関東とはいえ、ここまでは実際はひどくないという旨書いたのだが、この「凶悪−ある死刑囚の告発」を読了したあとでは、それを撤回せざるをえないというのが正直な感想でした。
なんのこっちゃと思った人は是非、「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」を見てください。

今回読んだ「凶悪―ある死刑囚の告発」の舞台も北関東は茨城県。
しかも、ノンフィクション。つまり、この話は真実なのです。

>> 続きを読む

農業高校って楽しい!「銀の匙(Silver Spoon)」【マンガ評】

2008年度からマンガ大賞っていうのが設立されて今年受賞したのがこの「銀の匙(Silver Spoon)」。
□ マンガ大賞2012
ちなみに今までマンガ大賞を受賞したマンガを上げると。
□ マンガ大賞 - Wikipedia
マンガ大賞受賞作品
2000年代
08 岳 みんなの山(石塚真一) 
09 ちはやふる(末次由紀)
2010年代
10 テルマエ・ロマエ(ヤマザキマリ)
11 3月のライオン(羽海野チカ)
12 銀の匙 Silver Spoon(荒川弘)
そうそうたる顔ぶれですね。
以前、映画で見た「テルマエ・ロマエ」もマンガ大賞受賞作だったんですねぇ。。

↓10月に最新刊5巻が発売されます。

>> 続きを読む

菅直人総理の愛読書「人間を幸福にしない日本というシステム」を読んだ

いつ辞めるのかが注目されている菅直人総理大臣も愛読していたという「人間を幸福にしない日本というシステム」がやっと読み終わりました。
この本、実に1994年に発行されているのですがここまで日本は変わっていないのかと愕然としました。
そして、そのことは震災時における対応でさらにあらわになります。
菅総理もずいぶん昔のことなので読んだこと忘れちゃったんでしょうか?
いえいえ、総理大臣であっても一人の力ではどうすることもできない染み付いてしまっている不思議な「文化」みたいなものが日本にはあるんですよね。
最近ではそれに巻かれて暮らしてしまったほうが楽なんじゃないかとすら思ってしまいます。

>> 続きを読む

ウェブはバカと暇人のもの【書評】

思い切って書評なんてしてみました。

最初「ウェブはバカと暇人のものを読んで」なんていう小学生の読書感想文みたいなタイトルつけようかなと思ったのですが、SEOを考えて「書評」としてしまいました。
実際は書評なんて大それたことできるような人間じゃありませんが「個人ブログ」=「自己表現の場」と言うことで思い切って書評させていただきます。

ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)ウェブはバカと暇人のもの (光文社新書)
著者:中川淳一郎
販売元:光文社
発売日:2009-04-17
おすすめ度:4.0
レビューを見る
>> 続きを読む

仕事するのにオフィスはいらない

ここのところ、宅急便やらジェルマットやらと有名ブロガーに茶々ばっかりいれていますが(小学生男子が好きな女の子にちょっかい出すのと同じレベルだと思っていただければ幸い)今度は依頼あり?でブロガーの記事が被ってしまった例。
でも「書評」なのでブロガーごとにそれぞれ内容が違うことを考えるとそれぞれが有益な情報。
しかも、著者さんご本人からの献本っぽい。

仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書)
著者:佐々木俊尚
販売元:光文社
発売日:2009-07-16
レビューを見る
>> 続きを読む




    最新コメント