元・地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

これは貴重。原発工事の現場監督が語る原子力発電所の真実

原発建設に一番近い人が原子力発電所の真実について語っています。
実はすでに癌で亡くなられている方で、福島第一原発事故よりずっと前、
阪神淡路大震災の翌年1996年に語られた内容なのですが今の今までこんな貴重な証言があったことを知りませんでした。
ひょっとしたら何らかの力が働いて表に出てこなかったのかもしれませんね。

読んでみて感じたのは、これはある意味、原子力発電所の真実ではなく、日本という構造上の欠陥。
もっというと、人間という構造を知るための資料として非常に参考になる意見だと思います。

□ 原発がどんなものか知ってほしい(全)

Fukushima 1 Nuclear Power Plant_02
Fukushima 1 Nuclear Power Plant_02 / hige-darumaひげだるまattractive woman Version
>> 続きを読む

福島第一原発で致死量をはるかに超える25シーベルトが計測されている

これでもコントロールされているなんていえるんでしょうか?
特定秘密保護法なんていうわけの分からん法律を可決するより先にやらないかんことあるんじゃないでしょうかね?

福島第一原子力発電所1/2号機排気筒の下部線量測定について (東電発表のpdfファイル)
□ 時事ドットコム:排気筒下部で25シーベルト=最高値、再測定で推定−福島第1
□ 【訃報】 福島 25シーベルト測定wwwwww ただちに死ぬwwwwwwwwwwwwwwww : watch@2ちゃんねる
□ 【超高線量】福島第一原発の排気筒で25シーベルトを検出!配管からも毎時10シーベルト以上!測定器が振り切れる程の異常値! - 真実を探すブログ

Fukushima 1 Nuclear Power Plant_02
Fukushima 1 Nuclear Power Plant_02 / hige-darumaひげだるまattractive woman Version
>> 続きを読む

大気中の放射性セシウムが40日周期で増えている?

最近はかつてほど放射能に関して騒がれなくなりましたね。
ただ、間違いなく放射能の問題は現在進行形です。
だからこそ、放射線測定機能付きスマホが発売されることになり、それが話題になるのでしょう。
大飯原発の再稼働が濃厚となりつつある今、これを機会に、もう一度放射能問題について考えてみてはいかがでしょうか?
□ 中日新聞:首相、大飯原発再稼働を近く決断 :政治(CHUNICHI Web)

こんな不気味なニュースを目にしました。
 □ 大気中のセシウム、40日周期で増加…原因不明 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
東京電力福島第一原発からの風向きなどにかかわらず、平均値より高い数値がほぼ40日ごとに規則的に見られた。特に今年1月以降は傾向が顕著だったという。
>> 続きを読む

地球上で最も放射能の強い10の場所

いろいろな所で話題になっていましたが、当ブログでも扱ってみたいと思います。

□ Ten Most Radioactive Places on Earth

>> 続きを読む

今度はマジ?液体からセシウムを99.9%取り除ける技術

らしいらしいで結局できないなんてことが続いてますがこれは本当なんでしょうか?

□ 15秒で海水や血液からセシウムを99.9%除去する新技術が考案される。慈恵医大 : ギズモード・ジャパン

>> 続きを読む

「ヒマワリに除染効果は殆ど無い」と農水省

以前、「放射性物質を取り込むバクテリア」の記事を書いたときにヒマワリに除染作用があるということにも触れました。
実はこれは全国的に話題になっていて、中には被災地にヒマワリの種や苗を贈る運動まで起きたりしました。
こんなサイトも生まれています。
□ 福島ひまわりプロジェクト 放射能土壌汚染を少しでも改善したい

ところが、これがあまり効果がないことがわかりました。
□ ヒマワリ除染、効果ありませんでした… : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

>> 続きを読む

10シーベルトの放射線を浴びた人間は全員死亡

これは何かの間違いなんじゃないでしょうか?
機械が故障したとか? でないと救えない。

□ asahi.com(朝日新聞社):過去最高10シーベルトを計測 福島第一の配管外側 - 社会
防護服を着た作業員3人がこの部分の配管の表面を外側から測定したところ、器具の測定上限である毎時10シーベルトを示した。実際の線量は10シーベルト以上とみられ、管の内部はさらに高い可能性があるという。
>> 続きを読む

放射能の件、ひとまず埼玉県熊谷市は安全そう #kumagaya (7/18追記)

あくまでも日本の基準(年間20mSv)で考えた場合です。
一部市町村単位では取り入れ始めている世界の基準(年間1mSv)で考えた場合は結構ギリギリです。

ツイッターでふとしたことからご近所さんにガイガーカウンタを持っている人がいることを知り、
腐葉土の件で気になっていたこともあって、 お借りできないかメンションを投げて見たところ、
心よくというか、なんと、来ていただくことになり、お会いすることとなりました。
合わせて今までの計測結果等も教えていただき、色々わかったことがありましたので報告を兼ねて記事を立てることにしました。
なお、今回に限り地元熊谷市のみに関する記事となっていることを先んじてお詫び申し上げます。
その他の地域に関しては残念ながら一切判断できません。

>> 続きを読む

放射能が気になる方、「SAVE CHILD」を毎日チェック

福島第一原子力発電所事故の放射能漏れに関してマスコミや国はあてにならないことは既に証明済み。
では、何に頼ったらいいのか? インターネット?
インターネットにも様々な情報が飛び交っていて何が本当なのかわかりません。
そんな中で比較的信頼がおける情報がまとまっているのが以下のサイト。

□ [SAVE CHILD]放射能汚染から子供を守ろう

このサイト、実は個人の方がやられているそうです。
>> 続きを読む

天は二物を与えた。「美人天気」に放射線情報【iPhoneアプリ】

福島第一原発事故以来、ずっと思っていたことなのですが一部他国(ドイツ、ノルウェー等)では既に行っている放射能飛散予報は是非、自国でもやって欲しいですね。
今、一番気になる情報だと思います。

過去にツイッターでもこんな風に言ってました。

放射能とはうまく付き合っていくしかない。そういう意味では放射能飛散予報は必要。less than a minute ago via Twitter for iPhone Favorite Retweet Reply


美人天気 - DWANGO Co., Ltd.
>> 続きを読む

1号機に続いて2号機、3号機もメルトダウン。もう、放射能とうまく付き合うしかない【福島第一原発事故】

いよいよ、やばい状態だということが暴露されつつあります。
1号機でメルトダウンがあったことが最近ニュースになっていますが、2号機、3号機でも同様にメルトダウンがあったようです。
これは、再臨界の可能性も否定出来ないんじゃないでしょうか?
また、4号機でも水素爆発があったみたいですね。
□ 1号機「メルトダウン」、津波の15.3時間後に起こっていた-福島第一原発 - IBTimes:世界の最新ビジネスニュース
□ 福島第一原発、2号機・3号機もメルトダウン
□ 【放射能漏れ】4号機損壊は水素爆発か 配管通じて3号機から流入 - MSN産経ニュース

ここに来て、福島第一原発は好転しているどころかさらに状況が悪化しているのではないかとしか思えません。
>> 続きを読む

福島原発事故、最悪の「レベル7」に引き上げ。チェルノブイリと同等

福島第一原子力発電所の事故において当初「レベル5」とされていた国際原子力事象評価尺度(INES)が最も高いレベルの「レベル7」に是正されました。
発生当初から数時間、1時間当たり最大1万テラベクレル(ベクレルは放射能の強さ。テラベクレルは1兆ベクレル)の放射性物質を放出していたとのことです。
「レベル7」ということは史上最悪の原発事故「チェルノブイリ原子力発電所事故」と肩を並べたということになります。

□ 事故評価 最悪のレベル7へ NHKニュース
□ 福島原発、最悪のレベル7 放射性物質を大量放出  :日本経済新聞
>> 続きを読む

チェルノブイリ原発事故が人類に与えた影響

煽るつもりはないのですが、結局、原発事故の怖さは事例があまりないことじゃないかと思うんです。
そういう意味ではチェルノブイリの例を知っておくくらいはしておいたほうがいいんじゃないかと思います。
まあ、チェルノブイリに比べたら現在の福島第一原発の例はまだ規模が小さいと思われるので、こんな事にはならないと思いますが。。


>> 続きを読む

念のため放射能がどの程度飛散しているか調べられるサイト(4/21追記)

あくまでも念のためです。僕も水をがぶ飲みしてますしw
WHO(世界保健機構)も問題ないとしているみたいですよ。

□ 福島第1原発:日本への渡航制限「必要なし」 WHO - 毎日jp(毎日新聞)
世界保健機関(WHO)は18日、福島第1原発の放射能漏れ事故に関連し、原発から半径30キロ圏内を除けば、現時点で東京都内を含め日本への渡航を制限する必要はないとの見解を公表した。東京からの「避難」や、日本から輸出された食品への「警戒」も不要だと指摘した。
>> 続きを読む




    最新コメント
    「最新トラックバック」は提供を終了しました。