元・地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

SEOは技術じゃない。キーワード検索結果で上位表示させるための4つのポイント

今まで、技術、技術でSEOはやってきちゃっていましたが、技術よりも心がけでSEOは可能だという話。
こういう視点のSEO系記事はあまりなかったので結構ためになりました。

□ キーワードの検索結果で上位表示されるためにコンテンツ設計で意識すべきだった4つの反省点 | 株式会社LIG

アゲアゲ!アゲアゲ!
>> 続きを読む

ASO(App Store最適化)とは何のこと?

SEOとかLPOなんてのはまだ聞いたことあるのでわかるのですが、ASOってのを始めて聞いたので覚書。
ちなみに、SEOはサーチエンジンオプティマイゼーションで、検索サイトに対してWebサイトを最適化すること。
また、LPOはランディングページオプティマイゼーションで、ランディングページ(入り口ページ)を最適化すること。
で、ASOはアップストア(App Store)オプティマイゼーションとなるらしい。
「App Store」ってiPhoneのアプリとか買うところですよね?
そういえば昔「ASO」っていうファミコンソフトがあったのを思い出しましたw

□ ユーザにアプリを見つけてもらう「ASO(App Store最適化)」についてお話します。 (1/3):MarkeZine(マーケジン)

>> 続きを読む

ワードプレス(Wordpress)でSEO。「All in One SEO Pack」 #wp

先日、ワードプレス(Wordpress)でサイトマップを簡単に作れるプラグインを紹介しましたが、今回紹介するのはSEO対策が簡単にできるワードプレス(Wordpress)のプラグイン。
SEOのプロからすればそんなのSEOじゃないよと言われそうですが、一通りの機能を持っていて、とりあえず、内部SEOに関してはおさえられているようなので導入することにしました。

□ WordPress › All in One SEO Pack ≪ WordPress Plugins

>> 続きを読む

コンバージョンを生んだキーワードの探し方【Google Analytics】

「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」でコンバージョンを生んだキーワードを調べる方法です。
先日、ちょっと分からなくなっていたので改めてメモ。

まあ、単純にコンバージョンを生んだキーワードでSEOするとコンバージョン率(CVR)の高い良いサイトが作れるんじゃないかという浅はかな考えから、コンバージョンを生んだキーワードを知っておくことは非常に重要なのではないかと思ったわけです。

なお、コンバージョンとはサイトの閲覧者が、会員登録や資料請求、商品購入など企業の望む行動を起こすこと
Google Analytics(グーグルアナリティクス)の場合は問い合わせ後のサンクスページ等を閲覧したことをコンバージョンとするように事前に設定する必要があります。
(上記のように設定した場合は「お問合せメール」が送信されたことがコンバージョンになります)

↓僕が唯一持っているGoogle Analytics関連の本。良書です。
>> 続きを読む

外部SEO(被リンクSEO)まとめ

内部SEOをしっかりしてもSEOは外部対策7割、内部対策3割と言われているように外部SEOもそこそこやっていかないと頭打ちになります。
外部SEOの主たる方法はリンクを増殖する被リンクSEO。(ってかこれに尽きる?)
他サイトにたくさんリンクを張ってもらうことでSEOをする方法です。

■ 当ブログのSEO関連記事
>> 続きを読む

内部SEO(SEOコーディング)まとめ

ここのところちょっと手を離れがちな内部SEO(SEOコーディング)をまとめておく。
もっとも、「SEO」=「検索エンジン」とのイタチごっこであるのであくまでも基本的な部分のみ。
細かいところは日々修正していく必要もあるだろう。

■ 当ブログのSEO関連記事
>> 続きを読む

検索エンジンスパム対策は「ほったらかす」

ちょっと前に検索エンジンでスパム判定を受けたことをネタにして、キーワード「印刷会社」における検索エンジンでの順位推移を公表していましたが、今回はその続きになります。

なんと、ほったらかしていたら20位以内に戻りました。(Yahoo!のみ)

減塩スパムがリニューアルしましたホーメル減塩スパム340g(hormelspam) 48缶セット
減塩スパムがリニューアルしましたホーメル減塩スパム340g(hormelspam) 48缶セット
>> 続きを読む

検索エンジンスパムによる順位変動

かつては最高5位なんてこともあったキーワード『印刷会社』の順位変動を公表します。
理由はわかりませんが、7月中にスパム判定を受けたらしく、グッと検索順位が落ちました。
それから今に至るまでの挙動をコンバージョン数も交えお伝えしたいと思います。
なお、当社の場合「コンバージョン」=「問い合わせメール送信」となっております。

検索エンジンでの順位の情報は以下のサイトから頂きました。
フェレットプラス(FerretPLUS)|Webマーケティングポータルサイト
すばらしいシステムをありがとうございます。

できる100ワザ SEO&SEM 増補改訂版 アクセスと売上を倍増させるヤフー!・グーグル対策できる100ワザ SEO&SEM 増補改訂版 アクセスと売上を倍増させるヤフー!・グーグル対策
著者:大内 範行
販売元:インプレスジャパン
発売日:2009-06-19
おすすめ度:4.0
レビューを見る
>> 続きを読む

Google Analyticsで検索ワード順位がわかる技

今年4月にGoogleの検索結果のリファラーが変わったことにより、Google Analyticsで検索順位を調べることが可能になったようです。

設定方法はこちらのブログで詳しく説明されています。
Google Analyticsで検索順位を調べるフィルタ設定 | 海外SEO情報ブログ・メルマガ

Webマーケティングコンサルタント養成講座Webマーケティングコンサルタント養成講座
著者:海老根 智仁
販売元:翔泳社
発売日:2008-12-11
おすすめ度:4.0
レビューを見る
>> 続きを読む

リクルートページのキーワード選出に使えるかも

求人広告で惹かれる言葉がランクとともに紹介されている記事。
これはリクルート広告を作る際の参考になるかもしれません。

ピン!とくる、求人広告キーワード1位は:マーケティング - CNET Japan
1位が「経験者歓迎」67.9%、
2位「未経験者歓迎」58.6%、
3位「ゼロからしっかり指導」40.9%
と、企業側の受け入れ態勢を示すキーワードが上位に並んだ。以下「きれいなオフィス」「アットホームな職場」「駅チカ」も20%以上と票を集めた。 (中略)
 男女別では、
女性が「駅チカ(32.7%)」で男性より21.3ポイントも高いのに対し、
男性は「IT業界(29.5%)」「責任のある仕事(18.1%)」「業界トップ(15.2%)」といった項目の比率が高く(中略)
印象が良いのはどのような求人広告か聞いてみた。
「仕事の内容がわかりやすい」が77.2%で最も多く、次いで
「職場の写真が載っている(52.1%)」
「会社のサイトURLがある(47.4%)」。
以下
「文章がまじめ」
「先輩社員のコメントが載っている」
「スタッフの写真が載っている」も20%台となっている。(中略)
「会社のサイトURLがある」では女性58.2%に対し男性36.2%と22ポイント差。年代別に見ると、「仕事の内容がわかりやすい」はどの年代も70%台だが、「職場の写真が載っている」「会社のサイトURLがある」はいずれも若い年代ほど高い結果に。
>> 続きを読む

今、書いたほうがいいキーワードと書いちゃダメなキーワード

■今、書いたほうがいいキーワード
□「Google急上昇ワード
今現在検索サイト(Google)での検索数の高いキーワード。
つまり、このキーワードで上位に行けばかなりのアクセス数が見込める。
同様に「キーワードランキング - goo ランキング」もいいけど所詮は「goo」
リアルタイム度では一番の「エキサイト サーチストリーム」なんてのもあります。
急上昇ワードランキング - Yahoo!検索ランキング」はタイムラグがありすぎて使いものになりません。
他にも「@nifty:@search:瞬!ワード」(リアルタイム機能が付いたようです)や「BIGLOBEサーチ 旬感ランキング -検索ランキング急上昇ワードを分析-」なども。
>> 続きを読む

直帰率は40%を基準にキーワード単位で考えよう

Googleが提供しているAnalyticsは様々なデータが得られるアクセス解析ツールです。
日々のアクセス数(ユニークユーザー、セッション、ページビュー等)はもちろん、
検索ワード(これに関しては、ブログであればトラックワードの方が詳しいです)、直帰率、平均サイト滞在時間まで分かります。
この中で今回話題にするのは「直帰率」。
直帰率とは何なのか? そしてどういった基準で考えたらいいのかを考察してみました。
>> 続きを読む

Googleに最強マーケティングツール登場!!

グーグル、検索語分析ツール「Google Insights for Search」をリリース:マーケティング - CNET Japan
 Googleはこのほど、人気サービスの「Google Trends」から派生した「Google Insights for Search」という新サービスをリリースした。これは広告主向けに作られたツールで、特定の検索語句の人気度を追跡できる。
グーグルトレンドをさらに強化。
時間帯や地域を絞ってのキーワード検索回数が確認できます。
これは使えるんじゃないでしょうか?
>> 続きを読む

ブログ各記事(エントリー)のタイトルって大切

今でこそ常に100アクセス/日は下らないこのブログですが、
開始当初は知り合いが何人か来るだけ、それこそ一日のアクセスが一桁のブログだった。
それもそのはず、その頃は人に読んでもらうためのブログではなく、自分が使うブログ。
自分の気持ちのはけ口に使ったり、覚書に使ったりといった具合だった。
その当事のブログと最近のブログを見比べると明らかに違うところがある。
内容の濃さももちろん違うのだが、各記事(エントリー)のタイトルがなんとも適当だったのだ。
>> 続きを読む

「自殺したい」「死にたい」で検索すると。。

livedoor ニュース - 【コラム】 危険なキーワード検索に対するサーチエンジン側の試みとは?
ヤフーでは12月1日より、「Yahoo! JAPAN」の検索サービスにおいて「死にたい」「リストカット」など自殺をうかがわせるキーワードが入力された場合、検索結果ページの上部に、悩みの相談を促すメッセージと「自殺予防総合対策センター」(小平市)につながるリンクを表示している。
これはいいかもしれない。
>> 続きを読む




最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。