Pitta!(ピッタ)はインターネットの広告代理店。
こちら→がPitta!(ピッタ)に買っていただいている広告スペースだ。
いままでPitta!(ピッタ)にはセルフマッチ広告とインプレッション広告の2種類があった。

セルフマッチ広告っていうのは広告主が媒体をみて広告の出稿を決める仕組み。
媒体は自分で売値を決めることができ、これが、Pitta!(ピッタ)内ではシステムとして完成していた。
ただ、実際セルフマッチ広告が入ったのは数えるほどしかなく、ほとんどがインプレッション広告(媒体は選べず大雑把なカテゴリ等しか選べない)だった。
それでも一日30円程度は貰えていたものだ。

ところが、セルフマッチ広告がなくなるとの連絡を受けたその日から広告収入が10円以下に激減した。 
これはなぜなのだろうか? 

■ 広告マーケットプレイス Pitta! [ピッタ!] 
>> 続きを読む