元・地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

これでみんなケータイ小説大賞「あたしブログ」

「あたし彼女」の感想を書いたばかりでこんなサイトを見つけてしまった。
あたしブログ
ねとらぼ:「あたしブログ」――あなたのブログをケータイ小説大賞作品っぽく変換 - ITmedia News
要するに、ブログを第3回ケータイ小説大賞作品「あたし彼女」(kiki著)風の文体に変換してくれるツールらしい。
>> 続きを読む

日本ケータイ小説大賞作品「あたし彼女」を読んでみた

謎の女性なんだかんだいって「あたし彼女」を読んでみました。
恋愛小説はもちろん読まないし、ケータイ小説だってめったなこと読まないんだけど、
簡単に読みきれそうだったし、秋元康氏が絶賛したというのが気になって。。
>> 続きを読む

ようするに質が悪いのがバレてきたのでは?(ケータイ小説が不調)

ケータイ小説のビジネスモデルは、先日破産した新風舎やそのことで被害をこうむった自費出版作家たちの救済に当たった文芸社などといった出版社(自費出版業者)と似ているようであってもぜんぜん違う。
自費出版の場合は作家のエゴによって作品が作られる。よって、売れない作品も多数。
一方、ケータイ小説の場合はサイトで火がつき出版されるというパターン。
もちろん、作者が出版にかかる費用を払う必要はない。
そこが新しいビジネスとなって一躍火がついたのだが、ちょっと調子に乗りすぎた。
>> 続きを読む




    最新コメント