元・地方の中規模印刷会社で苦悩するWebデザイナー改めWebディレクターの日記

都知事選で得票数5位の「家入一真」氏、インターネット新党「インターネッ党」を設立

都知事選が大雪の翌日行われ、舛添要一氏が当選されました。
当初から、舛添要一氏、細川護煕氏、宇都宮健児氏、田母神俊雄氏の四強に泡沫候補という構図だったのですが、個人的に一番注目していたのは紛れも無い、ツイッターで都知事選立候補宣言をした家入一真氏に他ありませんでした。
そんな家入一真氏は泡沫候補の中では一番得票を得ていたようですがそれでも10万に届かず。
1位の舛添要一氏は200万超え、2位宇都宮健児氏及び僅差で3位の細川護煕氏は約100万、
4位の田母神俊雄氏でも50万以上の得票数を得ていたので続く5位とは言えこの差は歴然です。

□ 東京都知事選挙の結果について
舛添要一 211万2千票
宇都宮健児 98万2千票
細川護熙 95万6千票
田母神俊雄 61万8千票

とのことで、都知事選には落選してしまった家入一真氏ですが、ただでは転びません。
この落選を「はじまり」とし、インターネットを冠とした新政党を立ち上げたというお話です。

□ 家入一真氏「都知事選は『はじまり』」 インターネット新党を設立 | THE PAGE(ザ・ページ)
□ 家入一真氏が「インターネッ党」設立 東京23区の全区長選に候補者擁立へ
■ 新東京計画始動 | インターネッ党
 
>> 続きを読む

ツイッターで「1000RTで都知事選出馬」の実業家「家入一真」氏、正式に東京都知事選挙出馬

かつてのpaperboy(ペパボ)の代表取締役で現在「Studygift」等を手がける中卒、ひきこもり上がりの実業家「家入一真」氏がツイッターで以下のようにつぶやいたのは去年のこと。


最初は冗談かと思われましたが、瞬く間に1000RTを達成し、ホリエモン(堀江貴文)氏等に後押しされたりもあって、なんと、本当に都知事選に出馬することになったようです。

□ 「1000RTで都知事選出馬」の家入一真さんが出馬会見 ニコ生で中継 - ねとらぼ
□ 「選挙とか政治とか既存のシステムを、ハッキングする形で、新しい動きを作っていきたい」―家入一真氏・都知事選出馬会見 (1/2)
>> 続きを読む

ネットとテレビは仲良くなったの?YouTubeが日本で大活躍

以下の様なまとめがNAVERまとめにありました。

□ 思った以上に日本のYouTubeが凄い事実を並べてみた - NAVER まとめ 
 
>> 続きを読む

ツイッターアカウントで戦闘力を測定し対戦できる「ツイバトル」

こんなサイト、確か前もありましたよね。

□ Twitterアカウントの戦闘力を測定し他人に挑むことができる「ツイバトル」 - GIGAZINE

>> 続きを読む

え?ホリエモン(堀江貴文氏)が出所(仮釈放)していきなりニコ生(ニコニコ生放送)に出演していたらしい

そんな騒ぐことじゃないと思うけどやっぱりネット界の寵児の出所(仮釈放)は結構なニュースになっているようです。
 
まずは出所後の第一声(って言ってもツイッター)。

>> 続きを読む

今度は「GREE」と「ひろゆき」がターゲット。この国ではイノベーションは起こらない

出る杭は打たれるこの国では平々凡々と生きていくのが一番なのでしょうね。
かつてはホリエモン(堀江貴文氏)、旧グッドウィル会長折口雅博氏、村上ファンドの村上世彰氏、等々多くのビジネスマンがマスコミやネットで叩かれ表舞台を去っていきました。
そして今、2ちゃんねる元管理人「西村博之(ひろゆき)」氏と「GREE(グリー)」がそのターゲットにされています。

□ 2ちゃんねる「ひろゆき」を逮捕したがっているのは誰? - ガジェット通信
□ グリーは一体どこから道を間違え始めたのかという知られざる歴史まとめ - GIGAZINE
>> 続きを読む

そろそろニッチなSNSが流行りだす頃なのかも

かつて、雑誌には様々なニッチな雑誌が存在しました。
たとえば、ちょい悪オヤジ向けの「レオン」や、ヤンキー向けの「ティーンズロード」、
小学生をターゲットにした「学習」と「科学」や、「小学○年生」なんてのもそういった分野に入るでしょうか。
雑誌は様々な人種が情報を仕入れ、時には仲間と交流をする場だったのです。

ところが出版不況が巻き起こり、多くの雑誌が廃刊の道を辿ることになりました。
一方で台頭してきたのがインターネット。特にコミュニケーションに主を置いたSNSです。

と、無理やり雑誌とこじつけた感が拭えませんが、ガジェット通信さんで紹介されているSNSが面白いので紹介します。
□ ヤンキー専用SNS『ヤンキー愛羅武勇』がアツい! プロフ設定に「補導歴」「逮捕歴」の項目が - ガジェット通信

>> 続きを読む

「食べログ」でやらせ。そもそも評価に疑問あり

僕もレビュアーとして登録させてもらっている「食べログ」で業者によるやらせが発覚したようです。

□ 【食べログ】やらせ業者のステマが発覚 日刊テラフォー
今月4日、食べログのやらせ問題が明らかとなったようだ。これは客足にもつながる高評価の欲しい店側が、とある業者に金銭を支払い、嘘の口コミを大量に投稿してもらうというものだ。

>> 続きを読む

Winny開発者無罪に。利用者は利用方法次第で有罪

ファイル交換ソフトWinnyの開発者「金子勇」氏が無罪になりましたね。
まあ、いろいろな意見があると思いますが僕は概ね妥当かなぁと思っています。

□ ASCII.jp:逮捕から8年、やっと“一歩前進”――「Winny」無罪確定で
□ 【備忘Log】 Winny無罪判決を受けての知財・法律系クラスタの反応 - Togetter

>> 続きを読む

ホリエモン(堀江貴文氏)。刑務所のメンチカツに舌鼓

やっぱり刑務所の飯は旨いらしい。おそらく、刑務所以下の食生活を送っている人は結構いると思う。

>> 続きを読む

なぜアムウェイを選んだのか【書評】

実は、ある方からアムウェイ(Amway)に誘われた。
今までも、宗教やら怪しいマルチやらに誘われたことはあったのだがこの歳になってアムウェイに誘われるとは思っていなかったので「寝耳に水」状態。
もちろん、アムウェイは宗教でもないし違法マルチでもないことは知っていたが正直ビックリした。
で、その場では返事はせずに、本を借りて読ませてもらうことにし、あわせてインターネットでも情報収集。
ネットで調べた結果に関しては後ほど別記事でまとめることとして、その時に借りた本「なぜアムウェイを選んだのか」を読んでの感想をまず書いてみることにした。

□ 日本アムウェイ合同会社 公式企業サイト|Amway.co.jp
>> 続きを読む

ホリエモンのだったライブドア終了。今のライブドアは韓国のもの

かつて、ホリエモンが社長をやっていたライブドアが完全に消滅したようです。
□ 先日解散した旧ライブドアさんから、お便りが届いてました - ガジェット通信
ニュースにも取り上げられましたが、その「旧ライブドア・現LDH」は、この8月5日に臨時株主総会を開き、解散を決議しました。

>> 続きを読む

ホリエモンついに収監。モヒカンで登場【今週のトピック】

「堀江貴文、収監のすべて」 検察庁に出頭するまでを密着ライブ配信 - ライブガイド
ついに収監。モヒカンでビックリ。

収監 僕が変えたかった近未来
収監 僕が変えたかった近未来
>> 続きを読む

菅直人総理の愛読書「人間を幸福にしない日本というシステム」を読んだ

いつ辞めるのかが注目されている菅直人総理大臣も愛読していたという「人間を幸福にしない日本というシステム」がやっと読み終わりました。
この本、実に1994年に発行されているのですがここまで日本は変わっていないのかと愕然としました。
そして、そのことは震災時における対応でさらにあらわになります。
菅総理もずいぶん昔のことなので読んだこと忘れちゃったんでしょうか?
いえいえ、総理大臣であっても一人の力ではどうすることもできない染み付いてしまっている不思議な「文化」みたいなものが日本にはあるんですよね。
最近ではそれに巻かれて暮らしてしまったほうが楽なんじゃないかとすら思ってしまいます。

>> 続きを読む

オサマ・ビンラディン殺害。が、テロとの闘いは続く【今週のトピック】

今週は大きなニュースが2つありましたね。

一つは。
□ ビンラディン殺害の一部始終をオバマ大統領が「衛星生中継」で見ていた:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)
オサマ・ビンラディンだったり、ウサマ・ビンラーディンだったりいろんな呼ばれ方があるそうだ。

□ ビン・ラディン襲撃の現場、リアルタイムでツイートされる:シロクマ日報:ITmedia オルタナティブ・ブログ
またまたツイッターの凄さを知らされる。

そしてもう一つは。
□ 「焼肉酒家えびす」のマジキチ社長 「人殺しメール」が多数届いたお前らふざけんなと会見場で発狂:Birth of Blues
外食産業、安いところはやっぱり怖い。
>> 続きを読む




最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。