知り合いのデザイナーさんのパソコンでPhotoshopが思うように動かないと相談を受けた。
ちなみに使用しているアプリは「Photoshop CC(2014)」で、ハードはHPの「ENVY 17-j100」。

具体的な症状は
  • シェイプツールを使おうとするとプログラムエラーがでる。
  • スポイトツールを使おうとすると同じくプログラムエラーがでる。
とのこと。
Photoshopを再インストールをしても治らないらしい。

 
シェイプが使えないのは痛いです。


そこでまず疑ったのはビデオカード周り。
ドライバが最新でないのでエラーになってしまっているのでは?

実際、Photoshopの初期設定でグラフィックプロセッサーが検出できていなかった。


そこで、ドライバを最新版に更新。
が、治らない。(ってか、最初からドライバーは最新だった模様。結果的にはここは改善後もこのままでした。)

ではと、以前のバージョンでトラブル回避によく使っていた初期化コマンドでPhotoshopを初期化してみる。
□ Adobe系ソフトの初期化コマンド - ちほちゅう
起動時にCtrl+Alt+Shiftを押しながら起動
これでもダメ。

最後に行き着いたのはこちらの情報。
□ おかしいなと思ったら(Photoshop CC)
Photoshop CC の環境設定ファイルを再作成することによって、環境設定ファイルの破損が原因で発生する問題を解決することができます。
注意 : 環境設定ファイルを再作成すると、アプリケーションの設定が初期化されます。
  1. Photoshop を終了します。
  2. 以下のフォルダーを開きます。
    Windows
    C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Adobe\Adobe Photoshop CC\Adobe Photoshop CC Settings
    Mac OS
    Macintosh HD/ユーザ/<ユーザー名>/ライブラリ/Preferences/Adobe Photoshop CC Settings 
  3. 以下の環境設定ファイルの拡張子を変更します。(例: 「Adobe Photoshop CC Prefs.old」など)
    • Adobe Photoshop CC Prefs.psp
    • Adobe Photoshop X64 CC Prefs.psp(64 ビット版 Windows のみ)
Photoshop CCでの説明なのでCC(2014)だと微妙に違います。
初期設定ファイルが一つだけというのと、初期設定ファイル名が違ってますね。
下記画像を参考に。

PhotoshopCC(2014)の初期設定の場所
写真内「Adobe Photoshop CC 2014 Prefs.psp」というファイルをリネーム(もしくは削除)します。
事前に不可視ファイルを表示できる設定にしておかないと行き着きません。

つまり、Photoshopの初期設定ファイルを手動で削除(リネーム)してあげるということになります。
どうも「Ctrl+Alt+Shift」を押しながら起動では初期化されない部分が壊れていたようです。  

Adobe系ソフトで挙動がおかしくなったらまずは
  1. 「Ctrl+Alt+Shift」を押しながら起動
で、ダメだったら
  1. 直接初期設定ファイル(「Adobe Photoshop CC 2014 Prefs.psp」等)を削除(又はリネーム) 
というふうに覚えておくといいでしょうね。