昨日、町内直会(なおらい)を行いましてすべての日程が終了した「うちわ祭」。
毎年、ツイートやら動画やらを紹介することが多いので今年は文章でお届けしようと思います。
もちろん、ツイートまとめは紹介させていただきますが。 
 


実は祭事としてお祭りに絡ませて頂いている関係で、お祭りへの関わりは比較的早めです。
5月末〜6月頭にかけて、祭事のお願い及び初集会のおしらせが書面にて届きます。
そして6月28日に初集会が行われるわけです。
ちなみに、総代さんになるとさらに早くから会議等を重ねるようです。 

今年もやってきたお祭りの季節、まずは花菱のオデン
初集会でいただくおでん。

この日の関連ツイート
さて、初集会が終わると一気に熊谷の町は「うちわ祭」モードに切り替わります。
まず、献灯がところかしこに出現します。
この献灯は一部やうちわ祭が終わり次第撤去いたしますが、一部は花火大会が終わるまで設置し続けるそうです。

釣り上げては提灯を追加してを繰り返しているようです。

今年は年番区の仲町区が山車をリニューアル。
金箔や漆等を塗り直したとのことで、山車のお披露目会もありました。

 本日は金箔や漆を塗り直した仲町区の山車のお披露目でした。

この日のツイート さて、「うちわ祭」といえばお囃子ですがもちろん、ぶっつけ本番であんなにしっかりとお囃子ができるわけではありません。
地区ごとに場所を作ってお囃子の練習をお祭り前から行います。

 お囃子練習なう!
第一本町区の練習風景

熱入ってるなぁ〜。(第二本町区お囃子練習)
第二本町区の練習風景

女子多し。というイメージがあるがそうでもない様子。(仲町区お囃子練習?)
仲町区の練習風景(奥で練習しています)

サティーを出たところで練習してるのは「本石」
本石区の練習風景

そんな練習が実ってこんなにしっかりとしたお囃子ができるようになるんです。 
 

準備も万端!
いよいよ本番です。

(続きます)