たしかにこれ、勘違いしていたかもしれない。

□ 2年待たなくても機種変更できる!勘違いしがちなルールと注意点を確認しよう | andronavi スマホアプリが見つかる!


こちらはAUなのでNGです。 


「2年縛り」という言葉がケータイ、スマートフォンにはありますね。
どういったことかというと、2年間待たずに解約すると違約金が発生するというもの。
この、違約金に関しては賛否両論あるのですが、どんなクソケータイ、クソスマホでも2年我慢して使いきれば新しいスマホが買えるという認識でした。

ところが実は、同キャリアでの機種変更に関しては違約金は発生しないそうなのです。
なるほど、知らなかったです。
端末購入・変更時に聞く、いわゆる“2年契約”の違約金(解約金・解除金)というものは、原則として携帯電話の回線契約に対してかけられるものであって、端末(スマホなど)本体にかかるものではありません。
(中略)
つまり、端末は利用期間が2年未満でも原則として問題なく取り替えることができるのです。

ただ、何のために2年我慢するのかというと余計なお金(違約金等)を払いたくないからなわけです。

そういった意味で見てみると、2年待たずに機種変更すると違約金は発生しないものの、
購入時に分割払いを選んだ場合、その割賦はのこるわけですから、月々の支払は当然増えることになります。

これに関しては2台目までは割賦が可能で3代目となるといずれかの機種の機種代をし一括払いが必要になってしまうようです。
従来の割賦を支払い続けつつ、新たに機種変更した端末を割賦で購入する場合、各キャリアともに1回線あたり2契約までという制限があります。機種変更をする時点で、すでに2契約している場合は、どちらかの割賦契約を一括支払いして精算する必要があります。

さらに、 
機種変更をすると毎月の割引が打ち切られる
だったり、
「機種変更手数料」がかかります。
だったり、
店舗オリジナルの割引サービスを受けられなかった
だったりと、別の部分で余計な出費が生まれるようなんです。

うーん。残念。
だったら2年待ちますよねぇ。。

そもそも、この2年縛り自体、法律的にどうなんだという話もあるくらいですもんねぇ。。
□ 携帯の2年縛りの解約金の正当性についての裁判 - 四十三庵
どうなんでしょうか?