レンタル彼女なんてのが随分前からあるみたいですが、あらためて料金等を見てみたら、こんなことに使うんだったらキャバクラ行ったほうがいいような気がするのですが。。

■ レンタル彼女TOKYO【東京】 | 彼女欲しいけど時間がない。そんな時はレンタル彼女TOKYOでお好みの彼女をレンタルして気軽にデート♪随時!彼女募集中!!

カップル(c)アリ


風俗はちょっと目的が違うからアレなんだけど、やっぱり普通の子がいいってことなんでしょうかね?
にしても、デリヘルとさほど変わらない料金形態にビックリです。
現在は割引期間中ということで2時間1.2万円ということですが、通常料金ですと2時間1.8万円。
さらにこれに出張費が0.3万〜ということで、なんと、2時間2万超え。
これだったら飲み物もつくし女の子も変え放題(というわけじゃありませんが。。)のキャバクラの方がお得ですよねぇ。。
目的がHだったら風俗行けばいいんだろうし。

でもやっぱり、レンタル彼女がいいんです。
たまたま平日休みだった先日、低視聴率が話題のバイキングにレンタル彼女TOKYOの「水城咲」さんが出てみるのを見て感じました。
「エロ」でも「情熱」でもなく、彼らが求めているのは「癒やし」なのかもしれません。

□ 水城咲 | レンタル彼女TOKYO【東京】 

□ レンタル彼女「水城咲」オフィシャルブログ

まあ、昨今の若者男子は草食草食などと言われていますが、彼らが女性に求めるのはエロより癒やし、女より母性なんでしょう。
水城さんを見ていて、決して男に慣れているというようには感じませんでした。
どちらかと言うとお世話に慣れているような感じ。保母さんや介護士さんタイプといったところでしょうか。
ただ、彼女の場合はそれだけではなく、そこにちょっとだけキャバ嬢的の要素(ヤンな部分)もはいっているのがいいのかもしれないなんて思ったり。

そういう意味では彼女役のスタッフ選びはかなり慎重にやられているんじゃないでしょうか。
綺麗すぎてもダメ、男性慣れしすぎてもダメ。
どちらかと言うと処女的要素の強い女性がいいのではないかと思います。(まあ、処女じゃないのでしょうが。)
それが、草食系男性の夢なんです。 

簡単なお仕事じゃないとは思いますがその分、やりがいもあるんじゃないかと推測。
看護婦さんや保母さんなどでは収まりきれないといったタイプの方は挑戦してみてもいいんじゃないでしょうか?

にしても高いよね。
自分だったら宝くじにでも当たらない限りは利用しないだろうなぁ。。
でも、ぶっちゃけ水城さんとはデートしたいです。

■ レンタル彼女TOKYO【東京】 | 彼女欲しいけど時間がない。そんな時はレンタル彼女TOKYOでお好みの彼女をレンタルして気軽にデート♪随時!彼女募集中!!