これもまた「IRORIO(イロリオ)」ですか。怪しいなぁ。。

□ たった10分寒さを我慢するだけで、1時間の運動と同等のカロリーが消費できるとの研究結果 - IRORIO(イロリオ)
オーストラリア・シドニー大学のポール・リー氏らがおこなった研究によると、体がガタガタと震えるような寒さに身をさらすと、筋肉からアイリスイン、褐色脂肪からFGF21と呼ばれるホルモンが分泌されることがわかったそう。これらのホルモンは脂肪細胞を刺激し、体脂肪を燃やす作用のある褐色脂肪をつくりだすといい、実験では、アイリスインとFGF21が、6日間かけておデブの原因である白色脂肪を褐色脂肪に変えることがわかったという。なお、寒さで体が震えだすのは15度くらいからで、10〜15分震え続けると、中程度のエクササイズ1時間分に相当する量のアイリスインが分泌されるとのことだ。

真冬も薄着がダイエットになる?
街景 / On the street
街景 / On the street / Blowing Puffer Fish


大学の研究では体が震えるような寒さに身を晒すとアイリスインという物質の分泌が促進されることが確認できたとのこと。
この、アイリスインという物質にダイエット効果があるような感じです。
カロリー消費量うんぬんなどという言葉は一切出てきていませんがタイトルにしてしまうところが「IRORIO(イロリオ)」クオリティ。

実は、なぜそんな風に疑ってかかっているのかというと、テレビか何かで得た情報に、「寒いと身体が危険を感じて逆にカロリーを消費しないようになる」というのがあったから。
これもまた眉唾ですがだとしたら全く反対ということになります。
そこで、どちらが正しいのか? 調べられる範囲でネットで調べてみました。

□ 脂肪は、寒いと体温を保つため ’馨討垢 △爐靴輓め込む どちらなんでしょう? ... - Yahoo!知恵袋
南極や北極など、極地へ行く人はわざわざ体重を10〜15キロ位増やしてから行きます。
それは低温地で体温調節に使うエネルギ−消費量が多い為脂肪をわざわざ増やしてから行かなければならないという理由からです。
気温が低いという事は体温を維持する為により多くのエネルギ−が必要となるので基礎代謝が上がるのです。

Yahoo!知恵袋の解答ということで、これもまた真偽は不明ですがなるほど今回に限って言えば「IRORIO(イロリオ)」に軍配が上がったということでしょうか。
でも、これが事実であれば、新しいダイエットができそうですよね。

たとえば、「真冬の露出ダイエット」なんてどうでしょうか?
真冬でも出来る限り露出して外を歩くことで本人も見られることに意識が行くし、寒さ効果でダイエットにもなる。
加えて我々男性陣も嬉しいといいことずくめ。 

そういえば、真冬なのにブーツにミニスカって女の子時々見かけますが、
彼女たちはひょっとしたら寒さを我慢するとダイエットになることを知っていたのでしょうか?
だとしたら、なかなか侮れません。
いや、ますます短いスカートを履いて、ダイエットに励んで貰いたいですね。

 前を歩く女
前を歩く女 / hiroooooki