ここのところ従業員アルバイトがふざけた行動をツイッター等にシェアすることで企業側がお詫びを入れるケースが増えています。
これに関してはネット上では賛否両論と言うか、否ばっかりの意見が多いですが、果たしてお詫びを入れるほど酷いことを彼らはやってきているのでしょうか?


まずは、ここ数日流行っているらしい冷蔵庫に入って写真をとってシェアするケースです。

「ほっともっと」のケース
「ローソン」のケース
 某ステーキ店のケース
冷蔵庫シリーズは更に続き、中には客が入ってしまったケースも。
冷蔵庫シリーズ以外では「バーガーキング」でパンズをベッドに寝そべるなんて人。

そして、某ラーメン店では食材を頬張る女子高生アルバイトなども登場しました。

もうね。ここまで行くとわけがわからんですね。

と言った具合。
これが先月7月中旬から今にかけて続出しているのです。

全部の行為に共通しているのが全て食品を扱うサービス業、そして学生アルバイトがやらかしているといったところ。
食品を扱うというところがポイントで、不衛生だということで皆、否と言っているようですね。
これには自分も異論はありません。

そういえば以前、海外で、Planckというのが一時的に流行り、なんと死者まで出してしまったということがありましたね。
これも賛否両論ありましたが今回の件のように否に偏ってはいなかった。

おそらく、やってる本人たちはそんな感覚に近いんだと思います。
きっとこんな大事になるなんて思っていない人たちが大概でしょう。
認識不足といったところもあるのでしょうが、おそらく彼ら年代の常識は「これくらいギャグで済んでしまう。」なんでしょうね。

なぜそうなってしまうのか?
それは「安全」が「当たり前」になってしまっているからだと思うんです。

「人間」、もっと言うと「人類」ってのはバランスが大事。
あまりにも安全に偏ってしまうと何故か危険を味わいたくなる。
そんな気持ちが彼らにもあったのかもしれません。

以前、便利になりすぎて怒りをぶつける対象が減ってきているために、
最近の人は怒りっぽくなっているなんて記事書きましたが、これにも似てるかもしれませんね。

怒りや冒険心の向かうべきところがなくなりつつある現代社会、
だからこそ、こういった方向性の誤った行為はいつまでも繰り返されるんでしょう。

やった本人は若気の至り、それで済んでしまうかもしれません。
(それでは済まないケースも度々ありますが)
ただ、これをやられた企業はイメージダウンは免れない。

そこで一案。
だったら最初からそういうことをやらない人を雇えばいい。

つまり、学生バイトはもう使わない。
仕事がなく、あがいている中高年に任せたほうがよっぽど良いんじゃないでしょうか?

□ 【全部顔出し!】今、話題の従業員によるネット炎上まとめ【コンビニ、飲食店】 - NAVER まとめ
□ バカッター画像 まとめ - NAVER まとめ 

【追記】 とどまることを知らない。
【さらに追記】
□ 店員がふざけて冷蔵庫に入り写真をアップしたブロンコビリーが店舗の閉鎖を発表 店員に対して賠償請求も検討 – ガジェット通信
店舗が閉鎖に追いやられ、該当のアルバイトに損害賠償もという話。
このように、ちょっとしたおふざけで人生を終わらせてしまうことがあるのがネットの怖さです。

【さらにさらに追記】
□ 懲りない若者達のモラル低下行為 またもアイスケースに入る男性が 本名や学校名は特定される – ガジェット通信
□ 若者のモラル低下はどこまで 今度は家電量販店の洗濯機に入り込む – ガジェット通信 
本当にとどまることを知らないのでこの辺りにしておきたいと思います。