これはちょっとびっくりしました。
以前、病院に対して刑務所のようだとブログに書いた岩手県議会議員の「小泉光男(みつお)」氏が、自殺と思われる死に方で発見されたとのこと。
遺族にはご冥福をお祈りするしかないのですが、これが彼の出した答えだったとしたら果たして正しい答えの出し方だったのでしょうか?

□ 【速報】ブログ炎上の小泉県議が自殺か
□ ブログ“炎上”の岩手県議、自殺か 「ここは刑務所か」と病院対応を批判 - MSN産経ニュース


公人として色々問題点を指摘されることの多い政治家という職業ですが、たしかに大変な職業なのでしょう。
自分の言葉に責任を持ち、そしてそれを行動し実現していかなければならない。
小泉氏がどんな政治家だったのかはわかりませんが、おそらく責任感の強い、良い政治家だったのだと思います。
だからこそ、ブログなどを使って自ら情報を発信したりもしていたのでしょう。

ただ、政治家として誇りに感じていたその価値観がブログを通して完全に否定されてしまった。
それが、ブログ炎上事件だったのではないでしょうか。
「政治家としての価値観を否定されること」=「自分自身、自分の人生を否定された」と感じ、
さらに責任問題や選挙で落選した後の生活のことなども考えた上、
出した答えがこの形だったのだと理解したいと思います。

あくまでも自殺と断定した場合の話ですが。。

それにしても、自分を自殺に至らしめる程の文章とはどんなものだったのか?
これに関してはGIGAZINEの以下の記事が詳しいです。
□ ブログが炎上して自殺した小泉みつお議員は一体何を書いてしまったのか? - GIGAZINE
6月上旬、3日ほど県立中央病院に通い続けていますが、当職と、ひと悶着がありました。

 “241番”、“241番の方”、“お名前でお呼びします。241番の小泉光男さん。”
 →ん!僕を呼んでいるの?と気付いた瞬間、頭に血が上りました。
 ここは刑務所か!。名前で呼べよ。なんだ241番とは!と受付嬢に食って掛かりました。
 会計をすっぽかして帰ったものの、まだ腹の虫が収まりません。
 早速公衆電話に向い、「小泉という者ですが、病院内の職員対応にクレームがあるので、事務長に繋いで下さい。」
 こちらはしっかり、小泉だと名前を名乗り(職業までは云わなかった)、電話を入れた目的も話し、話したい相手も指名したのに、3分以上(私の感覚では)待たされ、一男性担当者が恐る恐る電話口に出たのでした。
 “私は事務長へ繋いで下さいと指名しました。なぜあなたが出たのですか。事務長は逃げ回っているのですか。”と再び電話口で炎上です。
 更に病院内対応に話しを戻します。長いうぐいす色のカウンター(二階受付番 循環器系統担当のあなた達の事です!)の中に3〜4名の職員が居ながら、“小泉さん。精算-会計の計算-が出来上がりました。どうぞお越しください!”
 「お越しください?」。こちらは15,000円以上の検査料を支払う、上得意のお客さんだぞ。
 そっち側から、“本日は有難うございました。”と、カウンターの外に出て、長椅子に座ってる患者の方に来るべきだろうが---。デパートでもどこでも、1万円以上のお買い物客に、“精算書を取りにこっちへ来い。”と顎でしゃくって呼び寄せますか?
 このブログをご覧の皆さん私が間違っていますか。岩手県立中央病院の対応が間違っていると思いますか!
 ちなみに私は、岩手県議会棟に訪ねて来られた方への対応は、次のようにしています。
 分け隔てなく自室へ通し、出来るだけ丁重にもてなし(担当秘書がいない場合は、当職自身がご希望の飲み物を入れ。)、「さん、または様」付けし、ご用件が終われば、玄関口までお見送りしをし、深々と腰を折ります。
 通常お客様対応とは、このようにするじゃないですか。
 何故、見も知らぬ受付女性に、番号呼ばわりされなければならないのですか。
 県立中央病院は、その理由をこう言ってくれました。『個人情報の関係上から云々---。』
 個人情報の関係?。馬鹿言っちゃいかんよ。あんたのような個人情報の中身を知らない者が個人情報と振りかざすから、こんな窮屈な世の中になるんだ。何時何処で、私が氏名で呼んでくれるなと頼んだ?
 確かに個人名を伏せてほしい患者はいるでしょう。そうした方には、、“匿名希望”とか、“番号呼び出し希望”と、○印欄を付ける足った数文字を追加すれば済むことでしょう。
 以上が大まかな出来後です--。
via : (cache) 俺は刑務所に来たんじゃないぞ。中央病院の責任者!|小泉みつお公式ブログ
 こちらは待たされた身を逆恨みし、爆発寸前。心房肥大ではなく、“辛抱肥大“の症状になってしまいました。検査も今日以外にあと2回ほど通わなければならないそうで、私には伏魔殿にしか映りませんでした。
(中略)
 なお、待たされた怒りで受信料を故意に払わずに、病院を出てきましたが。本日、携帯に支払催促の電話がありました。こちらの対応はすこぶる早い!。肝心の診察業務の改善も、ぜひお願いしておきます。
via : (cache) 大病院と云う処は、まずは短気を治療する場所だった。|小泉みつお公式ブログ

確かに気持ち分からないでもありません。
ただ、怒るのはいいですがお金を払わずに帰るのは問題あるんじゃないでしょうか。

【以下追記】

□ 【訃報】岩手県議会議員「小泉みつお」死亡 自殺の模様:Birth of Blues

これ見ると、テレビがとどめを刺したことが分かります。
でもねぇ。。

□ 大炎上中の小泉みつお議員が人生最悪の誕生日を迎える…新ネタも続々発掘されて祭りは最高潮に : きま速
後になって分かって来ましたが他にも色々と。。ううむ。