が、どうにもならないらしい。

□ ASCII.jp:キャリアメール離れが進む!? ドコモメールが秋に延期
NTTドコモは、同社スマートフォン用のキャリアメールである「spモードメール」に代わるクラウド型メールサービス「ドコモメール」の提供開始時期が10月下旬になると発表した。当初は今年1月に提供予定だったものの、3月に延期、さらに時期未定となり、今回の発表につながっている。


docomo(ドコモ)はSPモードメールが今ひとつだというのは認識しているらしい。

そこで、ドコモメールという新しいメールシステムを開発中らしいのだが、これが今年1月から2月、3月と伸び、
今回の発表では10月。これは来年までずれ込みそうだという話まで出ている始末。
□ スマートフォン+速報 : ドコモメールの提供開始時期 1月→2月→3月→未定→10月 結局来年か・・・
リンク先には独自規格で開発中なんてことも書かれてますが、無駄なプライドにならんか心配。

SPモードメールに関しては「Engadget日本版」がかなり手厳しい。

□ ドコモメールは10月下旬に再延期、「抜本的な見直し」のため - Engadget Japanese
ドコモのスマートフォン向けキャリアメールサービスといえば鬼も泣いて逃げ出す SP モードメールが高名であり、動かない、データが消えるといった根本的な問題が偏在するのはもちろん、バッググラウンドで謎の動作を繰り返すため利用しない人にまで疎まれるという境地に到達。不安定ぶりから最近は LINE などメッセンジャーアプリ台頭の立役者と言われる始末です。
特に手厳しい部分は太字にしてみた。言い得て妙だが真実なのだから仕方ない。

まあ、これにめげず、良いメールシステムを開発してくれることを期待。
あとは、ドコモメールの質次第だが、時間をかければかけるほど完成度の高さが期待され、
それに見合ったものでない時のリスクが懸念される。
一方で、のびのびにしすぎることで、キャリア変更が進まないかという心配も。

2ちゃんねるのスレッドにこんなことを書いている人がいた。
iPhoneでるでる詐欺にドコモメールやるやる詐欺か
やるやる詐欺というと某国が思い出されますが、まさか同じような状況にあるなんてことないよねぇ。。