ようやく孫さんの努力が報われてきたのかもしれませんね。

□ 【レポート】イードが「RBB TODAY SPEED TEST」で各社のスマホ通信速度を調査 - 約7割のエリアでソフトバンクが高速に | 携帯 | マイナビニュース
ドコモ、au、ソフトバンクの3社の平均速度比較。ソフトバンクモバイルが最も高速となるエリアが多かったとしている。具体的には、ソフトバンクが最も高速だったエリアが68.5%と約7割を占め、残る3割をドコモ(11.1%)とau(20.4%)が分けあった。
このほか、OSごとの下り平均速度も調査。iOS端末であるiPhone/iPadを提供する2社の下り平均速度は、auが3.1Mbps、ソフトバンクが7.0Mbpsと2倍を超える差がついたという。
一方、Android端末の下り平均速度は、NTTドコモが3.4Mbps、auが8.2Mbps、ソフトバンクが7.6Mbpsという結果。


ということで、なんと、スマホの通信速度対決でソフトバンクは他社2社を抑えてナンバー1だったとのことです。
ここでよく言われるのがユーザー数が少ないからだろうという話ですがAUとはさほど差ないですし、docomoも唯一ユーザー数を減らしているわけですからどちらかと言うと有利になって行かなければならないところ、なっていないわけですから、これはソフトバンクの努力を認めてあげないといけないと思います。

全てのデータは以下のとおり。

ただしあくまでも3社が繋がった場合のみ計測した数値となっていて、つまり、繋がりやすさはまた別の話なんですよね。
プラチナバンドを頑張っているようですがまだまだ普及には壁もあるみたいですし。。
ただ、努力はみとめざるを得ないでしょう。

ちなみにうちではかみさんソフトバンク、自分と娘がdocomoなのですが、近く娘はiPhoneに機種変する予定らしいので、そのときにはソフトバンクになると思います。
で、やがて自分もiPhoneがおサイフケータイ対応するかdocomoの2年縛りが終了するかするとソフトバンクになってしまうかもしれません。