先日、浪江町の様子がストリートビューで見れるようになった旨、記事にした際、
「ストリートビューがリアルタイムで更新されるような時代はくるのか」なんてこと、言ってましたが、
これだけ高解像度で高精細なカメラがあれば、ストリートビューは無理にしても、
一部地域であれば空撮に近いものをほぼリアルタイムで更新させることも不可能じゃないような気がしますね。

■ Tokyo Roppongi Gigapixel

特殊なカメラなのかとおもいきや、こちらのカメラだろうということです。
当然レンズはかなりいい望遠使っていると思いますが。。


紹介したサイトは六本木ヒルズ森タワーからのパノラマ写真なのですがこれが凄い。
車のナンバーや学生のゼッケンなんかもしっかりと読めてしまいます。
これだったら顔もバッチリなんじゃなんて思って色々見てみましたがそこはしっかりぼかし入っているようですね。
Googleストリートビューも自動でぼかし入るシステム使ってますが同じようなものなのかもしれません。
ただ、中にはシステムが判別できなかったのか顔が写っちゃってる人もいて、プライバシーとか大丈夫なのか心配になったりも。

にしても、これだけ高解像度で高精細の写真がとれるのであれば、東京スカイツリー等高所にカメラを設置してそれを遠隔操作すればほぼリアルタイムの空撮も可能な気がします。
それこそ、コストを度外視するのであれば、ヘリコプター等に動画も取れる高解像度、高精細カメラを設置すればリアルタイム空撮動画なんてのも不可能じゃないですよね。

じっさい規模は小さいながらもそういったおもちゃがあるみたいです。
□ ラジオコントロール ヘリコプター TVファルコン|商品情報|株式会社シー・シー・ピー

昔見た映画に超高解像度の衛星カメラで覗きなんてシーンがありましたが、
そんなのと似たようなことがいずれできてしまうのでしょうか?

via : 六本木から撮影した45ギガピクセルの高解像度パノラマ写真が凄い! カーナンバーやゼッケンまで丸見え – ガジェット通信