かつては2ちゃんねるやmixiから数多くの小説が生まれたように、ツイッターからも小説が生まれるのでしょうか?
はたまた逆にツイッターで電子書籍を販売しようとかも考えているのでしょうか?

□ Twitter公式が小説企画を角川グループと連携して実施することが明らかに、電子書籍・出版・映像・海外展開も視野に - GIGAZINE

■ Twitter
■ [object HTMLEmbedElement]

本


そういえば、一時期ツイッター小説というのが話題になっていたことがありましたね。
140文字で完結の超短編小説をたくさん集めて書籍化もされていました。

このときにも記事で触れていましたが、数多くの人に参加してもらいリレー方式にして長編小説を作るというのもひとつ面白いんじゃないかなぁと思ってました。
そういったことも、ひょっとしたら可能になってくるのかもしれませんね。

現在のところ、以下の様な形での連携を考えているようです。
・Twitter上で小説を執筆すると、角川グループ内で開発中のソーシャルデータ統合解析システム「commucom.jp(コミュコム)」によりそのTweetの取り込みと文章解析・整形を行い、角川グループ側システムへデータを投入、140文字以内のツイートを連続した文章形式にまとめ、購読しやすい環境を実現。
・執筆者はTwitter上で執筆を行い、購読者はTwitterのタイムラインから読み漏らしてしまった場合でも、アーカイブ化された形式で購読することが可能。
・これらのアーカイブされた作品中の優秀作品は出版化、映像化することも可能に。
まずはケータイ小説のながれでツイッター上でかかれた小説を書籍化していくという考えのようですね。
140文字という文字数制限のなかでワンセンテンスを書かなければならないというのがケータイ小説とまた違うことろでしょう。

何はともあれ、新しい本の形、新しいツイッターの形が生まれてくることを期待しています。