久々の算数シリーズ。
過去には「6÷2(1+2)=」が「9」だったり「1」だったりなんていう話ありましたが結局は式が悪いみたいになっていたような気がします。
で、今回ははっきりと答えが出ていてそれは違うという話になっているようでして。。


ある小学生のドリルの答えだそうです。
「9÷0」に関しては正解にしっかりと「0」と書かれていたようです。
でも、大人になってちょっと考えてみれば「これ変だろ」って気付きますよね。
「9÷0=0」であれば「0×0=9」でなければなりません。
で、これがツイッターやブログ等で話題になったようです。

□ 小学校には9÷0=0というオレルールがあるらしい。 - Togetter
□ ある小学校、小3の算数で「9÷0=0」 出された問題と答えがツイッターで話題に:キニ速

これに対して丁寧に答えを出しているのが以下の動画とサイト。
こちらを見ていただくとなるほど納得!



□ 0で割るとはどういうこと? 数学まるかじり

ではなぜそんなことが起こってしまったのか?

誤植説が有力みたいですが昭和の小学生の中には「9÷0=0」と教わっていたという人がチラホラ。
割れない場合は「0」なんていう凄い答えもあったみたいですが、そんなこと言ったら計算問題の答え全部「0」でいいじゃんなんていう人も出てきちゃうような気も。。
ちなみに、自分もバリバリ昭和の小学生ですが全く覚えていませんでした。

なお、「9÷0」の答えですが、「ない」または「割れない」が正解の様子。
これは深いぃ。。