最近ではめっきり行かなくなってしまったが、かつては行きつけの居酒屋があったりしてちょくちょく飲みに行っていた渋谷センター街。
ずいぶん前にたしか「センター街」から「バスケットボールストリート(通称「バスケ通り」)」に改名したはずなのだが、自分の中では「センター街」のままでいた。
が、どうも多くの人がそうだったようだ。

□ センター街をバスケットボールストリートに改名したのに全然浸透していない件 | ビジネスジャーナル


この話を読んでまず思い出した名称がある。
それは「E電」。
いまさらE電なんていっても多くの人が「何のこと?」 と返すかもしれない。
実は、国鉄が民営化されるときに、「国電」に変わる呼び名として生まれたのが「E電」だった。
ところがこれが全く浸透せず、結局、社名である「JR」の方が一般化されてしまい消えていってしまったのだ。
Wikipediaによると2005年までは蒲田駅に「E電」の表記が残っていた様子。) 

で、「バスケットボールストリート」もこの流れをたどるんじゃないかなぁと感じた。
いずれにしても、まずは「センター街」と書かれた看板をバスケットボールストリートに変えたほうがいいと思う。

と思ったらセンター街の一部がバスケットボールストリートということらしい。
これは浸透させるのはかなり難しいのでは。。
バスケットボールストリート - 【 渋谷センター街 】ウェブサイト

こちらの仲間入りだけはしたくないですな。