花で世界平和」でブランディングに見事成功した「ブルーモルフォ」の森田真樹さん主宰のFacebook勉強会に行って来ました。
実はFacebook歴では僕のほうがちょっと先輩。
先方のちょっとした勘違いからフレンドになった仲でありながらもとっくに追い越されてしまいました。

今回参加したのは森田さんにお会いしたかったというのも1つの理由ですが、Facebookの可能性、そして、ツイッターとの違いについて重点的に学んでこようと思ったのが一番の理由です。

□ Blue morpho ブルーモルフォ


まず感じたのはFacebookは本人の顔、本人の経歴、等が事実のまま載るという部分から、セルフブランディングツールとして最強のツールなのだと感じました。
特に重要なのは「自己紹介」及び「写真」の部分。加えて「ウォール」の内容も重要だということです。
つまり、連携で済ましてしまっている僕はちょっとどうなのかと感じました。
少なくてもmixiでも不評だったタンブラー連携は辞めておこうかなぁと感じ始めてます。
さすがにツイッターとのダイレクトな連携はやっていませんが、やはり、ツイッターにはツイッター向きの、FacebookにはFacebook向きの文章を載せるべきだと感じましたね。
そういう意味ではツイッターは今までのスタンスで、Facebookをちょっと変えて使っていけたらなと思っています。


チェックインクーポンでお花ももらっちゃいました。 

さて、ツイッターとの違いに関してですがツイッターが瞬間的爆発力のあるツールであるのに比べて、Facebookは長く徐々に浸透していくツールだと感じました。
ビジネスとして使うにはFacebookのほうがリスクが少ないし有効だと感じます。
ただしビジネスとして使うとしても企業のブランディングよりはセルフブランディングに力を発揮するツールですので自営業者やフリーランスの方向けでしょうね。
広く浅く繋がるならツイッター。ある程度限定された中で深く繋がるならFacebookといったところでしょうか。
タイムラインに直接画像が表示されるという意味でFacebookのほうがブランディングしやすいようです。

ちなみに、Facebookページとツイッターの違いに関しては過去に記事してますのでこちらも合わせてご覧下さい。
□ Facebookとツイッター(Twitter)を比較してみた - ちほちゅう

具体的な操作や仕様に関しても知らないことが幾つかあったので羅列しておきます。
  • 友達は5000人までしか増やせない。
  • 誰かれ構わず友達申請をするとペナルティ(以下)を喰らうことがある。
  • ペナルティを喰らうと最初は2日、次に4日、7日、14日、最大30日の友達申請停止処分となる。
  • 友達申請があったときに「保留」をクリックするとフィード購読になる。
等。
頻繁に仕様が変わるFacebookなのでそのうち変わっちゃうかもしれませんけど。

で、今回、ひょっとすると「つぶくま」になんか活用できるヒントはないかなあとも思っていたのですが、Facebookがセルフブランディングツールであること、本名、本人の写真以外はNGということから、現在活用しているFacebookページ以上の利点はつぶくまに関してはあまり感じられませんでした。
そもそもからして、Facebookでやるんだったら「ふぇいくま」になっちゃいますもんねぇ。

そんなこんなで勉強会を経て感じたのは早くかみさんにFacebookをやらせたいということと、
うちわ祭のフェイスブックページ作りたいなぁ。の2点。
うちわ祭のFacebookページは公式がやるまでは待っておいたほうがいいかもしれませんね。
ってか、僕に作らせて下さい。

ちなみにブルーモルフォさんにおけるFacebook勉強会ですがこれからも定期的に行なわれるようです。
僕もできる限り参加していこうと思っています。
今回は参加できませんでしたが勉強会後の「パンチャ・ピエーナ」さんでの食事会もいずれ参加したいですしね。