WordPressで記事を書く際はビジュアルモードというのがあって、これはタグ打ちではなくプレビューを見ながらさながらワードのように記事が編集できるツールなのですが、意外とできることが少ない。
特に困るのがテーブル(表組み)ですね。
テーブルをタグで書いていくのはかなり面倒くさい作業になります。
そこでプラグインとなるわけです。

「Editor Extender」 というプラグインはWordPressのビジュアルモードのアイコンを増やし様々なことをビジュアルモードから可能にするプラグインです。
当然ながら問題のテーブル(表組み)もビジュアルモードのままで作れるようになります。

【PR】 Dreamweaverの様な操作性がWordPress上で実現。


プラグインのインストールにかんしては今までも説明しているのでここでは詳しく説明しません。
WordPressの管理画面から「プラグイン」→「新規追加」 と行き、「Editor Extender」を検索、「いますぐインストール」→「プラグインを有効化」でちゃっちゃと済ませちゃって下さい。

まずは設定です。
「設定」→「Editor Extender」でビジュアルモード上に表示させるアイコンにチェックを入れます。
僕はとりあえず「Table」だけにチェックを入れることにしました。
Editor_Extender設定

設定が済むと「ビジュアル」モードに以下のようにアイコンが増えます。
Editor_Extender表組みアイコン説明
それぞれ、
新規表組作成
行の設定(センタリング等)
セルの設定(バックグラウンドカラー等)
行を上に挿入
行を下に挿入
行を削除
列を左に挿入
列を右に挿入
列を削除
セルの結合を解除
セルの結合
等がアイコンクリックでできるようになっています。

新規でテーブルを作る(,鬟リック)場合はこんな感じになります。
Editor_Extender新規作成
縦横のセルの数やテーブル区切り罫線の太さの設定等、様々な設定をすることができます。

と、こんな感じ。

テーブル以外にもCSSの設定(「Style」にチェック)やレイヤーの設定(「Layer」にチェック)等もボタンで可能になります。
これも必須のプラグインでしょうねぇ。

ただし、実際の表示とビジュアルモード上での表示にはけっこう差がありますので、
編集が楽になるという程度のツールと考えていただいたほうがいいでしょう。
特にテーマを大幅にデザインカスタマイズしてしまっている場合は注意が必要です。