新型iPadの発表に合わせてiOSが5.1にアップデートしましたね。
普段であれば「すわアップデート」と行くところなのですが今回はソフトバンクとの回線契約を解約してからのアップデート。
加えて以前、GIGAZINEさんで以下のような記事を読んでいたので辞めておいた方がいいだろうと思っていました。
□ 解約したiPhoneにiOS 5をインストールしようとすると使用不能に、復元も不可 - GIGAZINE

ところが、Wi-Fi等につなげておくと勝手にアップデートを探してきて、「設定」アイコンに,班充┐気譴襪茲Δ砲覆辰討靴泙ぁ△海譴どうも気になる。
これはウザい(そうでもないか。。)

そこで、調べてみるとどうも、解約してもSIMが入っていればアップデートしても問題なさそうだということが分かりました。

解約済のiPhoneを5.1にアップデートして平気ですか? | iPhoneの質問に答えます | 教えて!AppBank
解約済でもSIMがあれば大丈夫です。アクティベートできます。


で、さっそくやってみたわけです。
当然ながらiPhone(今となってはiPod touchですが)本体のみで行いました
  1. 「設定」 →「一般」→「ソフトウェアアップデート」で暫く待つと以下の画面に移ります。
    1インストール01
  2. ここでインストールをタップし、「利用条件」 を読み「同意する」をタップ。
    1インストール02
  3. こちらの画面になった後再起動とインストールをなんどか繰り返します。
    1インストール03 → 
  4. やがて普通に立ち上がるとインストール終了。
    見事、問題なくiOS5.1にアップデート出来ました。
    アップデート完了!
    以前と微妙に違うのはダウンロードは済んでいたからでしょう。
残念ながら目玉である音声認識秘書アプリ「Siri」は「iPhone 3GS」では使えないようですが、
iOS5.1は電源がより長持ちするとのことなので期待しています。