6÷2(1+2)=
上記問題の答えはなんだと思いますか?
僕は最初「1」と答えてしまいました。
だって、
6÷2(1+2)=
6÷2・3=
6÷6=
1
ですもんね。

ところが正解は。
□ 「6÷2(1+2)=?」という小学生レベルの問題? 大勢の人が「1」と答え半分以上が不正解 - ガジェット通信
<正解>
6÷2(1+2)=
6÷2(3)=
3(3)=
3×3=9
だというのです。
こりゃ一杯喰わされた!


で、話はこれで終わるところだったのですがどうも腑に落ちない。
調べてみるとこんな記事を見つけました。

□ 6÷2(1+2)=9と発表しているバカガジェット通信
「a×b」と「ab」では結合力が違う。
前者は「単項式×単項式」という「2つの項を掛け合わせたもの」であるのに対して後者は「多項式」であり、「一つの項」である。
一般に結合力は多項式が一番強い
つまり、上記問題の例でいくと、「6÷2」よりも「2(1+2)」のほうが結合力が強く、先に計算しなければならないということになります。
それを、ガジェット通信さんは 「6÷2×(1+2)」と考え、「6÷2」を先に計算して「3×3」とし「9」とした模様。

考えてみると、
http://anond.hatelabo.jp/20110508071956
確かに
9a÷12b
って例なら、無意識のうちに省略された×を優先して計算するなあ。
ですよね。
ただしこのことを
きちんと指導している教科書は一社もない
とのことでした。

最終的にはガジェット通信さんもこの意見を取り入れ、正解不正解を明言せず、
記者も数学者数名に話を聞いたところ人によって解がことなり、そもそも問題の書き方がおかしいという指摘があった。
電卓で計算した結果も計算機毎に結果が異なる始末だ。ちなみにウェブで計算できるGoogleの計算機は「9」を解とした
と追記したようです。

ちなみに2ちゃんねるでも随分と話題になっていたようですね。
□ 6÷2(1+2)=1 が正しかった訳だが : 不思議.net

【2012/8/22追記】
最終的な見解としてはそもそも「問題がおかしい」ということのようです。
みなさん、コメント、ツイッターでの言及等ありがとうございました。