先日、東京へ行ったときに山手線の車両や車内広告にこれでもかってくらいトレインネットと書かれていてなんなのかが気になった。
車内ポスターを見ると、どうもスマートフォンを使って様々な情報が入手できるサービスをJR東日本が山手線限定で実験的に実施しているらしい。

Wi-Fi車内情報提供サービス実験 山手線 トレインネット

そこでさっそくどんなもんか使ってみた。


使い方はいたって簡単。
Wi-Fi設定でTrainnetを追加するだけ。
Trainnet設定01Trainnet設定02
「設定」→「Wi-Fi」で出てきた「Trainnet」をタップするだけ。

TrainnetでWi-Fi接続してSafari等ブラウザを立ち上げるとTrainnetのサイトが立ち上がる仕組み。
Trainnet設定03トレインネット01
最初にちょっとしたアンケートに答えると通常のトップページが表示される。

で、どんな情報が取得できるのかというと。

運行情報

トレインネット02
電車の遅延情報等を告知してくれるようです。
特に遅れ等が生じていないようでしたらこんな感じの表示です。

駅・乗換路線

トレインネット03
次の駅までの時間等がリアルタイムで更新されます。
これ、意外と便利でした。トイレ我慢できるかどうかの目安にもなったりw

車内状況

トレインネット04
これが一番使えるかな。
車内温度と車内の混雑状況等を表示してくれます。

エンタメ

トレインネット05
エンタメ情報。まだ、少なめ。。

トレインch+

トレインネット07
電車内の液晶ディスプレイで流している情報です。
このデータと連携させているのでリアルタイムに色々配信できるのかもしれません。
□ トレインチャンネル - Wikipedia

お得情報

トレインネット06
クーポン、他、お得な情報を配信してくれるらしい。

といったところです。

まあ、いいんじゃないでしょうか。
ただし、一度接続設定をしてしまうと、接続設定を削除(または別の設定にかえる)するかWi-Fi自体を止めないと普通のサイトにアクセスできません。
そこがちょっと今ひとつな感じがしましたね。

そのあたりひょっとするとポスターに書いてあったかもしれません。


ちなみにアプリもあるみたいですよ。
トレインネット - East Japan Railway Company (iPhoneアプリ)
□ トレインネット - Android マーケット (Androidアプリ)