ツイッター(Twitter)で睡眠時間管理ができるといえば以前紹介したiPhoneアプリの「おはようパンダ」が有名ですね。
僕も、つい最近まで使ってました。
ただ、起きた時のつぶやきや眠るときのつぶやきがいつも決まったテンプレートであるのがイマイチ面白みがなかったんです。
そこで最近はWebサイトの「ねむログ」を使うようにしています。
これは、睡眠時間だけではなく、寝覚めの状態や変わったところではその日見た夢なんかも記録できる睡眠記録サイトです。

■ ホーム|ねむログ


まずは「ねむログ」を使ってTwitter(ツイッター)と連携させた睡眠時間管理をする方法を解説します。
  1. ねむログ」トップページより「新規登録(無料)」をクリック。
    ねむログ01
  2. 必要事項を入力し、「利用規約に同意して登録」をクリック。
    ねむログ02
  3. 入力情報を確認してもう一度「利用規約に同意して登録」をクリック。
    ねむログ03
  4. トップページに戻って「メールアドレス」及び「パスワード」を入力して「ログイン」。
    ねむログ04
  5. ログインしたら右下のバナー「Twitterで睡眠記録!」をクリック。ねむログ05
  6. 中程の「Twitter内のニックネームを送信」にツイッターのユーザー名(アカウント名)を入力して「送信」をクリック。
    ねむログ06
  7. 以降、「おやすみ○○」とつぶやくと就寝、「おはよう○○」とつぶやくと起床として記録されます。
    注意しなければならないのはツイートの先頭に「おやすみ」「おはよう」とつぶやく必要があること。
    ツイート途中での「おはよう」「おやすみ」は無視されます。
    これは、特定の相手に対してのメンション(リプライ)での「おやすみ」「おはよう」が無視されるといいう良い点もありますが、何か一言つぶやいてから「では、おやすみなさい」というかたちでのツイートができないという欠点もあります。
    実は僕、これが原因で数日間ログが取れずに気づきませんでした。
さて、それでは実際のデータを見てみましょう。

ねむログのログ01
睡眠時間のグラフはこんな感じ。

ねむログのログ02
いろいろなグラフに変えることができます。

ねむログのログ03
カテゴリー別睡眠時間なんかも見れるようになってます。

で、それぞれの睡眠に関してはWeb上で細かな設定ができます。
睡眠設定
こちらで「ゆめ(夢)」の記録もできるわけです。
ってか、最近、「ゆめ(夢)」ホント見なくなりました。寝てみる夢も未来の夢も。

こんな感じのサイトなのですが、Webサイトやツイッター連携だけでなく、iPhoneやケータイにも対応しています。

iPhoneの方はiPhoneアプリ「ねむスタ」から。
□ ねむスタ - Paraches Lifestyle Lab.

ケータイの方は以下QRコードからご利用ください。