iPhoneのツイッター公式クライアント「Twitter for iPhone」において、DM(ダイレクトメッセージ)を送信するのが個人的に分かりづらかったのでメモ書き。
普段頻繁にやり取りしている方ならまだしも、めったにやりとりのない方に送る方法はちょっと分かりづらかったです。

ちなみにDM(ダイレクトメッセージ)とはお互いにフォローしあっていなければ送受信することのできない、基本的オープンなツイッターに置いて唯一、二人だけの秘密の会話の出来る機能。
一般のメールと違い、どちらか一方でDMを削除すると、送信者、受信者両者からそのDMが削除されるという特徴があります。


大きく分けて2つの送信方法があります。

1. プロフィールから送信する方法

タイムライン(TL)やメンション一覧等に送信したい相手のつぶやきが表示されている場合はこの方法が簡単です。
以下、タイムラインから送信する方法を解説します。
  1. タイムラインからDMを贈りたい相手をタップ。
    TwitterforiPhoneでDM1-1
  2. プロフィール画面に行く。「名前」及び「ツイッターID(ユーザー名)」の書かれている部分をタップ。
    TwitterforiPhoneでDM1-2
  3. 右上「返信アイコン」をタップ。
    TwitterforiPhoneでDM1-3
  4. 「ダイレクトメッセージ」を選択。
    TwitterforiPhoneでDM1-4
    ここで「返信」を選択するとメンション(リプライ)が送れます。
  5. 文章を入力して右上「送信」をタップで送信します。
    TwitterforiPhoneでDM1-5

2. DM(ダイレクトメッセージ)一覧から送信する方法

DM一覧画面(タイムラインでDMアイコンをタップした状態)から送信する方法です。
こちらの方法は、タイムライン(TL)にあまり発言のない人や、今までDMを送ったことのない人にも使えます。
  1. まずは、下部「DMアイコン」をタップ。
    こちらに今までのDM一覧が表示されるので、頻繁にDMのやりとりをしている方であればその人をタップ。'
    まだDMのやり取りをしていない場合(こちらに表示されていない場合)は右上「ノートアイコン?」をタップ。
    TwitterforiPhoneでDM2-1
  2. 'の場合はこちらでこのままDMが送れます。(簡単!)
    TwitterforiPhoneでDM2-2'
    △両豺腓蓮New Message」をタップ。
    TwitterforiPhoneでDM2-2
    「新しいツイート」をタップすると普通のツイートが送信できます。
  3. 送り先のユーザーを検索します。
    「名前」もしくは「ツイッターID(ユーザー名)」から検索します。
    TwitterforiPhoneでDM2-3
  4. 頻繁に絡んでいる方だったり、直近でやりとりのあった方だったりすると、途中までの入力で候補として表示してくれます。
    TwitterforiPhoneでDM2-4
    ここで贈りたい相手をタップしてもOK。「6.」へ
  5. あまりやりとりのない方、初めてDMを送る方等の場合はしっかりとIDを入力して検索しましょう。
    見つかったら贈りたい相手をタップ。
    TwitterforiPhoneでDM2-5
  6. 以上。
    TwitterforiPhoneでDM2-6
なお、このまま文章を入力すると文字の変換時に候補を選択するのが困難になる可能性があるので、予め、何行か改行を入れてから文章を入力することをオススメします。
□ Going My Way: Twitter for iPhone で DM を送付する際、文字の変換で選択がしにくいときは先に改行しておく

ちなみに、DM(ダイレクトメッセージ)も140文字制限となっています。
従って長文を送る場合は複数に分ける必要が出てきます。
が、このあたりは普通のメールと旨いこと使い分けしていくのがいいと思いますね。
あまり長文を送りすぎて嫌われないように注意しましょう。