1. ID取得編 → 2. インストール編 → 3. 設定編

最後に設定編なのですが、ここは「つぶくまチャット」に参加するための手順となるため一般的なSkype(スカイプ)の使い方とちょっと違っています。
そもそも、Skypeっていうのはメッセンジャーの一種で、それが進化してビデオチャットや一般電話への通話等が可能になったインフラ。
チャットで使うことはあまり考えられていません。
ただ、その中にある「グループ」機能を使うとこれがチャットに早変わり。
ところが、そこに参加するまでに壁があるんですよねぇ。

つまり、チャットに参加するための手順(サポートあり)です。


こちらも前記事9.」からの続きとして解説します。
  1. インストールが終わり起動するとまずはこちらの画面が開きます。
    Skype登録08
    ここで新規アカウントを作ることも可能ですが、Skypeアカウントをすでに持っているので「サインイン」をクリック。
  2. こちらで「Skype名(ID取得編で設定したもの)」及び「パスワード」を入力して「サインイン」
    Skype登録09
    「自動ログイン(パスワードの保存)」や「コンピュータ起動時にSkypeを起動」にチェックを入れておくといいでしょう。(初期設定ですでに入っています)
  3. この画面が基本画面となります。
    今後、Skype起動時にはこの画面が開くことになります。
    Skype登録10
    左下「コンタクトの追加」で友達や家族のSkypeアカウントをコンタクトリスト(左の一覧)に追加することが出来ます。
  4. 今回は「norisa01」を追加してください。
    Skype登録11
    Skype名だけではなく、メールアドレスや電話番号、氏名からも検索できます。
  5. 先方に伝える文章を書きます。このままでもいいと思います。
    Skype登録12
  6. コンタクト要求が送信されました。
    Skype登録13
    返事が帰ってくるのを待っていてください。
  7. 返事が返ってきました。
    Skype登録14
    「最近 廚鬟リック。
  8. 「つぶくま会」に誘われました。
    Skype登録15'
    「コンタクトグループを保存」をクリック。
  9. コンタクトリストに「つぶくま会」とでも名前をつけてOK。Skype登録15
  10. これでコンタクトリストに個人のリストに加えて「つぶくま会」が入ります。
    「つぶくま会」に会話を投げるとつぶくま会のみんなへの会話になります。
    Skype登録16
    ビデオ通話やボイスチャットなんかもできるみたいですね。
1. ID取得編 → 2. インストール編 → 3. 設定編