ワードプレスにはRSSを読み込ませるための機能が用意されていて、
それを使うと比較的簡単にブログ等のRSSを読み込ませることができます。
待て待て〜


既にすばらしいスクリプトが書かれていますのでこちらを使わせていただきます。

WordPressで外部RSS(twitter等)を表示させる : アシアルブログ
<?php
include_once(ABSPATH . WPINC . '/rss.php');
$rss_url = "RSSフィードのURL";
$limit = 10;
$rss = fetch_rss($rss_url);
$items = array_slice($rss->items, 0, $limit);
?>
<ul>
<?php
if (empty($items)) :
?> <li>記事がありません</li>
<?php
else :
foreach ( $items as $item ) : ?>
<li><a href='<?php echo $item['link']; ?>'>
<?php echo $item['title']; ?>
</a></li>
<?php endforeach; ?>
<?php endif; ?>
</ul>
?>
RSSフィードのURLの部分に「http://webdirector.livedoor.biz/index.rdf」等のRSSフィードのURLを記入します。
「$limit」は上限件数で、ここに記入した数の記事が一覧表示されます。

具体的には最初のPHPプログラムの部分で用意されているRSS用のライブラリ(rss.php)を使ってRSSから必要なデータを抽出。
「fetch_rss()」というのがワードプレス(WordPress)オリジナルの便利な関数でこれでRSSのデータを抽出します。
その後、データがなければ「記事がありません」と表示。
データがあればタイトルとタイトルにリンクを入れて表示させるというプログラムになっています。

ちなみに上記リンク先記事では「PHP Code Widget」を予め導入する旨の表記がありますが、こちらは現バージョンではすでに入っているのか特に必要ありませんでした。

こいつを「トップページとは別の場所で記事一覧を表示させる方法」と同様のやり方で固定ページに導入したものがこちら。
熊谷ブロガーズ
まだ非公開なのでリンクは勘弁させて頂きます。
(公開後、リンクをはらさせていただきます。)

上記スクリプトに関してですが、こちらも併せて読むともうちょっと理解が深まるかと思います。
□ WebTecNote - [WP]wordpressでRSSを取得して表示