FAってのはファイナルアンサーってことです。
ネットで英字略称がよく使われるのは文字数に制限があったりするからでこれはこれで便利なのかもしれませんね。

で、Youtube→Twitter(ツイッター)連携なのですが、前から不安定だったのですがどうも、現在連携ができてないみたいです。
そこで、もうYoutube→Twitter(ツイッター)連携は諦めることにしました。
□ YouTube動画とtwitter(ツイッター)の連動の仕方 - ちほちゅう
Youtube→Facebook連携もあやしい。。
□ YouTubeとFacebookを連携させる方法 - ちほちゅう


とはいえ、何らかの方法で動画アップと同時にツイッターにもつぶやかせたい。
そこでとった作はFlickr(フリッカー)を使うということ。
実は、Flickr(フリッカー)は静止画と全く同じような方法で動画もアップロード後ツイートさせることが出来るのです。
□ TwitterとFlickrを連動させよう - ちほちゅう

ただし、動画の長さに制限があり最大90秒までとなっております。
(ちなみにYoutubeの場合は15分まで可能)
また、無料版の場合、月にアップすることのできる容量に制限があり、動画をしばしばアップしているとすぐに制限をオーバーしてしまう可能性があります。
この2点を注意すればFlickerでも動画をアップさせることができるんです。
実質的には有料版にしておいたほうが間違いないでしょうね。
□ Flickr(フリッカー)を有料版にアップグレードした - ちほちゅう

ただし、以前もちょこっと触れたようにFlickr(フリッカー)はあくまでも画像(静止画)用のサイトであって動画に関しては全てYouTubeで管理したい。
つまり、動画とツイッターを連携させるためだけに一時的にFlickr(フリッカー)を使っているだけで、最終的にはYouTubeにもアップしたいのです。

そこで考えたのが複数の宛先にメールを送る方法。
もともと、メールに画像を添付して、あるアドレスに送信することでFlickrとツイッターの連携は行われます。
この時に、YouTubeへも直接アップロードしてしまうという方法です。
YouTubeにもアップロード用のメールアドレスがあり、そちらを使って1通のメールで両方にアップしてしまうという考え。

過去ログみたらYouTubeのアップロード用メールアドレスに関して解説していないみたいなので簡単に解説します。
  1. YouTubeトップページより「アップロード」をクリック。
    YouTubeアップロード用メアド確認01
  2. 右に「携帯電話から…」といった項目があるので「設定」をクリック。
    YouTubeアップロード用メアド確認02
  3. こちらでアップロードのメールアドレスが確認できます。
    このアドレスに動画を添付したメールを送信すればアップロードできます。YouTubeアップロード用メアド確認03
ということで、さっそくやってみましょう。
  1. まずはアップロード及びツイッターに告知したい90秒以内の動画を選んで「メールで送信」をタップします。
    動画とTwitterの連携FA00
  2. 動画は90秒以内に抑えたのですがこの地点でiPhoneによるアップロード制限にぶつかりました。
    動画は1分(60秒)程度に抑えておいたほうが良さそうです。
    トリミングして「メールで送信」をタップ。
    動画とTwitterの連携FA02
  3. 送信先メールアドレスに「TwitterとFlickrを連動させよう」でチェックしたアドレスと上記「YouTubeへのアップロード用アドレス」の両方を設定します。
    「件名」(ツイート文や動画タイトルになります)や「本文」(ディスクリプション・キャプションになります)もそれなりに。
    動画とTwitterの連携FA03
  4. YouTubeの場合、アップが完了するとGmailに報告メールが届きます。動画とTwitterの連携FA04
  5. それぞれ以下のようにアップされました。
    まず、Twitter(ツイッター)。
    動画とTwitterの連携FA05
    YouTube。
    動画とTwitterの連携FA06
    Flickr(フリッカー)。
    動画とTwitterの連携FA07
    全てiPhoneで解説していますが当然ながらWebで確認してもしっかりとアップされています。