もう、色々なところでニュースになっているので知っている人は多いと思うけれど、iPhoneにパスコードロックをすり抜けるバグが存在しているようです。
僕のiPhone(iOS 4.1)でも確認できました。


まずはその方法。
  1. まずはスワイプして「ロック解除」。
    iPhoneロックをすり抜ける方法01
  2. パスコード入力画面で「緊急電話」をタップ。
    iPhoneロックをすり抜ける方法02
  3. 「000」や「###」など適当な番号を押して「iPhoneの発信発信」をタップ。
    iPhoneロックをすり抜ける方法03
  4. その瞬間、右上の「スリープボタン(ロックボタン)」を押す。
    ここのタイミングが難しい。
  5. すると、「電話」アプリを立ち上げた状態の画面になる。これで成功。
    iPhoneロックをすり抜ける方法04
最初はなかなか再現できませんでしたが、コツ(タイミング)を掴んでほぼ100%できるようになりました。
で、この状態にすることで何が出来るようになるか。
  1. 電話を掛けることができる。
  2. 電話履歴を見ることができる。
  3. 連絡先(電話帳)を見ることができる。
等。
つまり、通常、電話アプリを立ち上げてすることができるようになってしまう。
ただ、ロックが解除されているわけではないので電話アプリ以外のアプリを立ち上げることはできない。(今のところ)

いずれにしても近いうちにアップデートで解消されるでしょう。
最新のβ版iOS 4.2では解決されているとの情報もあります。
□ 「iPhone」のロック回避バグ、「iOS 4.2」で修正へ - CNET Japan 

【29日追記】 
メール送信や画像編集なんかもできちゃうそうです。
□ iPhoneパスワード強制解除で勝手にメール送信や電話もできる事が判明! – ロケットニュース24(β)
●パスワード強制解除によってできる事
・電話をかける
・メールの送信
・写真撮影
・保存してある写真のチェックと編集
・着信等の履歴チェック
・電話帳(連絡先)のチェックと編集
さらに。。
隠しコマンド(隠し操作)が存在し、それらの隠しコマンドを使用することで普通ではできない事を可能にすることもできる。