これはデジタルブック(デジタルカタログ)業者には脅威です。
□ PDFから無料でデジタルブックがつくれるウェブサービス「adjustbook.com」:MarkeZine(マーケジン)

【PR】
2010年02月19日発売競泳水着デジタルカタログ 8
2010年02月19日発売競泳水着デジタルカタログ 8 


ちなみに、現在騒がれている電子書籍とデジタルブック(デジタルカタログ)は違います。
電子書籍は専用のリーダーが必要なのですがデジタルブック(デジタルカタログ)はWeb上で動きます。
その分、検索性とか他の部分で劣る部分もあるのですが。。
このあたり、機会があったらまとめてみたいと思います。

さっそくそのサイトに行ってみました。
どうもPDFではなく、JPEGを使うみたいですね。
できるのはFlash版のデジタルカタログのようです。
(通常、デジタルカタログにはFlash版とJavascript版があります)

これは素人さんにはちょっと難しいかもしれませんね。
そういう意味では、印刷会社がサブサービスとして提供してあげるのがいいでしょう。
ただ、そのあたりが規約上どうなっているのかが気になります。

いずれにしても、 「デジタルブック(デジタルカタログ)」を主力サービスとしているIT企業にとってこのサービスは脅威ではないでしょうか?

■ 無料デジタルブック(電子ブック)アプリサービス「adjustbook.com」
なお、できたデジタルブック(デジタルカタログ)は「adjustbook.com」サイト内に作成され、買取をする場合は有料となるようです。