知ってはいながらも今の機能で満足してしまっていたが為に、iPhoneがiPod代わりになるということをすっかり忘れていましたよ。
まあ、最近は音楽とふれあうのは車の中だけ、もっぱらJ-WAVEなわけですが、せっかくなので仕事中もちょっとばかり聞いてやろうと過去に散々聞いていたCDを引っ張り出してきてiPhoneに入れまくってやりました。

【PR】
BEST OFBEST OF
アーティスト:エリック・クラプトン
販売元:ダブリューイーエー・ジャパン
発売日:1999-09-29
おすすめ度:4.0
レビューを見る

スティーヴィー・ワンダー・グレイテスト・ヒッツスティーヴィー・ワンダー・グレイテスト・ヒッツ
アーティスト:スティーヴィー・ワンダー
販売元:ユニバーサル インターナショナル
発売日:2006-01-25
おすすめ度:4.0
レビューを見る


これが実に簡単。
  1. iTunesを立ち上げる(iPhoneをパソコンに接続すると勝手に立ち上がります。)
  2. 音楽CDをCDドライブに入れる。(うちの場合USB接続の外部機器。PCがacerのASPIRE ONEでCD/DVDがBUFFALOのDVSM-XE1218U2/Bという安物です)
  3. iTunesが勝手にCDをデジタルデータにインポートしてくれる。
    CDデータをiPhoneにコピー01
  4. 左メニュー「ミュージック」を選ぶとインポートされたCD等が確認できる。ここで、該当のCDの上で右クリックし、「アルバムアートワークを入手する」を選ぶとiPhoneで曲を再生しているときに表示される画像(ジャケット写真)が入手できる。
    CDデータをiPhoneにコピー02
  5. iPhoneをパソコンに接続して「○○のiPhone」→「ミュージック」→「音楽を同期」にチェックを入れて「同期」
    一度、 「音楽を同期」にチェックを入れるとiPhoneをパソコンに繋ぐと自動で「ライブラリ」の「ミュージック」と同期を取るようになります。
    CDデータをiPhoneにコピー03

以上

でも、僕のiPhoneは実質無料の16G。
こんなことだったらやっぱり32Gにしてた方がよかったかなぁ。
そう思って今回入れたアルバムを基準に16Gにどの程度の枚数のアルバムが入れられるか調べてみました。

今回入れたアルバムは約150MB。
16G≒16000MBとすると16000MB÷150MB≒100枚。
もちろん、アプリやOSもあるので100枚全部は入れられないが、半分でも50枚。
これだったらまあ、十分かもしれませんね。

これ覚えたのでさっそくTwitBirdで今聞いている曲をつぶやいたりして遊んでます。