ネタとして暖めておいたのですが、最近ちょくちょくコメントいただいている真坊さんからご質問されたので熟成する前に放出します。
熟成したらもう一度記事にする予定。

世界経済が冷え込んでいますが、今後、いったいどうなるのか?
これは誰にも知りえません。
が、しかし、今現在の状況をほぼ的確に指摘している人がいます。
その名は「ラビ・バトラ」。
イグ・ノーベル賞を受賞したこともあるアメリカの経済学者です。

2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測
著者:ラビ バトラ
販売元:あうん
発売日:2008-02
おすすめ度:4.5
レビューを見る


『2010年資本主義大爆裂!』ラビ・バトラ:著「石油バブル」の崩壊がアメリカ経済の息の根を止る - 株式日記と経済展望
氏によりますと、アメリカ経済(世界経済)はITバブルに始まり住宅バブル、石油バブルと次々とバブルを起こしては崩壊し、最終的に「資本主義」自体が崩壊してしまうだろうと予測しています。
実際、住宅バブルまでは既にほぼ崩壊しているし、そして最後の砦「石油バブル」も。。
そしてそれが起こるのが2010年。来年だと予測しているわけです。

日本にも同じように未来、資本主義が崩壊すると予測している方がいます。
船井総合研究所(船井総研)会長「船井幸雄」氏、そして、時事評論家「増田俊男」氏です。

資本主義の崩壊 - 教えて!goo
ラビ・バトラ氏と船井幸雄氏は、資本主義はハードランディングすると予測していますが、増田俊男氏ソフトランディングすると予測しています。

ただし、増田俊男氏に関してはどうも2ちゃんねる等で評判がよくない様子です。
Wissen ist Macht:どうも増田俊男なる人物はやっぱり典型的な、詐欺師兼、売国奴のようだ - livedoor Blog(ブログ)

いずれにしても3氏の著作を一つも読んでいないことには何も言えません。
なので、記事にしてなかったのですが、これを機に読ませていただき、その後、再度記事としてまとめてみたいと思います。

まずは、ラビ・バトラ氏の「2010年資本主義大爆裂!―緊急!近未来10の予測」を今年中になんとか。

ラビ・バトラ - Wikipedia
船井幸雄.com|TOP
増田俊男の世界! トップページ
イグノーベル賞 - Wikipedia