Google Earthで海中や、星座情報、火星等が見れるのは知ってましたが、なんと、そのGoogleが作ったケータイ電話「Androidケータイ」が、星座早見盤として使えるようになるそうです。

Googleが全自動の星座早見盤アプリ、Android向けに公開
Android端末を全自動の星座早見盤にするアプリケーション「Sky Map for Android」の提供を開始したと発表した。

星座早見(和文)星座早見(和文)
販売元:渡辺教具製作所
おすすめ度:4.5
レビューを見る


実はこれ、iPhoneではできません。
というのは、iPhoneにはコンパス機能が付いていないためです。
つまり、Androidケータイでは今、本体がどちらを向いているのかがわかるため、Androidケータイを天に向けて構えると、そちらに見える星座が見れると言うわけです。
グーグルがAndroidの新機能を披露、タッチスクリーン機能も − @IT
Street Viewの画面がユーザーと同じ方向に進み、ユーザーと一緒に左右に回るコンパス技術を披露した。

ちなみにiPhoneにも「Compass Free」というiPhoneをコンパス代わりに使うアプリがありますが、これは太陽の方向を指示してあげないとできません。
[N] iPhoneをコンパス代わりにする「Compass Free」

ただし、次世代iPhoneではコンパス機能が付くんじゃないかと言う噂もあります。
次世代 iPhoneは電子コンパス搭載、のうわさ

6月にNTTドコモから発売されるかもしれない「Androidケータイ」ですが、ますます欲しくなってしまいました。
P905iのローンが払い終わる来年1月まで待てないかもしれませんねぇ。

「Google Earth」で星や星雲などの天体情報が閲覧可能に - GIGAZINE
Google Earthに新機能、海中や過去を表示、「火星」情報も:ITpro