ぬぉあ〜!!久々に「ぬおぁ〜」な行為をしてしまいました。
っていっても、Windowsに慣れている人からすれば「なんで?」ってことなのですが。。


仕様なのかバグなのかMacOSXの標準メーラー「Mail」は、アカウントを削除するとそれに関する送受信メールが全て消えます。
で、それを今回やらかしてしまいまして。。
「へっ?」って感じでした。
ただ、やられた当人はそんなに重要なメールは入ってなかったから大丈夫といってくれたのでまだ良かったけど、
これはかなり問題あるバグ(仕様)だと思うのですがどうでしょう?

Mailでのうっかり - 日々適当

アカウント削除をすると受信メールの消える『Mail』のバージョンは? -OKWave
自分でMailboxを作って、そこに送受信したメールを全て移動させておけば、アカウントを削除してもメールは無くならないと思います。これはどのバージョンでもそうだと思います。
初期設定でこれと同じ状態にしてくれればいいと思うんですけど。

macのMailでメールアカウントを削除したらメールが全部削除された - 教えて!goo
MacMailに限らず、アカウントを削除すると受信メールすべてが削除されるメーラーはあります。
Thunderbirdでもアカウントを削除するとフォルダーごと削除となるので、受信メールをそのアカウントのフォルダーだけに保存しておくと削除されてしまいます。
あ、そうだったんですね。
じゃあ、これからはアカウントを削除する際は気をつけることにします。

Apple Support Discussions - 削除してしまったメールの復旧
データ復元ソフトをダウンロードするか、パッケージを購入して、復元を試みて下さい。
復元出来ればもうけものぐらいに思っていた方が良いです。
FileSalvage
http://www.fli.co.jp/product/fs/top.html
Data Rescue
http://www.igeekinc.com/dr.shtml
復元ソフトで何とかなる可能性はあるみたいですがここまでは面倒くさくてやりたくないですねぇ。

結論。
メールアカウントを削除するときは送受信メールデータはバックアップをとること。
昨日の常識は今日の非常識。覚えておきましょう。

■7日追記
後で気づいたことなのですが、そもそも「Mail」はローカル側ではなくサーバー側にメールを保存することを前提に考えて作られているようです。
というのは、「Mail」を初期設定のまま使っているとサーバーにメールがたまりすぎて受信不可になることがたびたびあったからです。
これは、初期設定で解消できるのですが「Outlook Express」が初期設定で受信したメールをサーバーから削除する設定になっているのに対して、「Mail」は残す設定になっているのです。
使い勝手がいいのはやはり「Outlook Express」のほうだと思うのですがどうでしょうね?