マスコミ(特にテレビ)は本当にモチベーションを下げるのが上手ですね。
ここでマスコミが経済対策を褒め称え、日本の未来は明るいと言えば、
国民のモチベーションは一気に上がり、景気回復に向けて進んでいくだろうと思うのですが。。

金融・政策/追加経済対策決定 総事業費26兆9000億円 消費税率、3年後に引き上げ - FujiSankei Business i./Bloomberg GLOBAL FINANCE


【麻生太郎首相会見(1)】「経済は100年に1度の暴風雨」 (1/3ページ) - MSN産経ニュース
【麻生太郎首相会見(2)】「高速道路1000円以下」 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
定額減税については給付金方式で全所帯について実施します。規模は約2兆円。詳細は詰めてまいりますが、単純に計算すると、4人家族で約6万円になるはずです。
これがつまりかつて公明党主導のもと行なった地域振興券と同じようなもの。
あの時はさほど経済効果がなかったらしい。
一人に換算すると約1万6000円とのことだが、なんに使うと一番経済効果があるかよく考えて使おうと思う。
中小企業、小規模企業の資金繰りをより万全とするために、私の指示で(緊急信用保証枠を)20兆円までこの枠を拡大します。また政府系金融のいわゆる緊急融資枠を3兆円と前申しましたが、これを10兆円まで拡大します。あわせて約30兆円の対策となります
つまり、お金が借りやすくなるということのようです。
これはどうかなぁ。。
ダメな会社を生かしておくのは経済効果にはマイナスのような気がします。
高速道路料金を大幅に引き下げます。休日はどこまで行っても一律1000円というわけではなく、1000円以下に。最高1000円。平日は昼間も3割引にさせていただきます。
釣り行きたいけど高速代高いしなぁ。。と、日々思っている僕としてはこれはいいと思います。
実現されたらまた、毎週のように釣りに行ってしまうかも。。

こうやってみてみると、高速道路以外はやっぱりバラマキ感がぬぐえません。
いずれにせよ、マスコミがもっとはやし立てて国民のモチベーションを高めるのが一番の経済効果だと思うわけです。
個人的にはこんな記事よりも、オススメの料理店とか、オススメの紅葉スポットとかを紹介していったほうが、経済効果に貢献できるような気がします。
アマゾンのアフィリエイトとgoogleアドセンスやってる間は、
とりあえず何らかの経済効果をこのブログが生んでいるということになりますが。。

なお、ここまでお金を使った後は消費税増税が待っています。
それに関して総理は名言は避け、以下のように申しております。
景気回復期間中は減税を時限的に実施します。経済状況が好転した後に財政規律や安心な社会保障のため、消費税を含む税制抜本改革を速やかに開始します。そして2010年代半ばまでに段階的に実行させていただきます。
僕はどちらかと言うと消費税は仕方ないかなぁと思ってます。
10%くらいあったほうがかえって計算しやすくていいじゃないかと。