ぬぉあ〜!!日曜だというのに会社のプランナーさんから電話がかかってきた。
よほど緊急なんだろうと思って話を聞いてみると。。


サブミッションポートの一件があってからある一社からのメールが届かないとのこと、
実はあらかじめプランナーさんの下で働いているデザイナーさんから聞いていて、
対応策を伝えてあったのですがどうもちゃんとできていなかったようで、
かなりあせった声で何とかできないかといわれた。

原因はおそらく「逆引きできないホストからのメールを遮断」したことだと思われる。
ただ、以前、お客様より同じ症状で悩んでいると相談を受けたときに、
さんざんプロバイダやホスティング会社に「それじゃこまる何とかしてくれ」といったにも関わらず、
「世の中の流れの中でのスパム対策の一環であって問題は受信できないメールを使っているほうだ」と言われなすすべもなく引き下がったことがある経験上、
これに関してはどうしようもないことだとわかっている。

で、対策としてフリーメールをどこかで取ってもらってそのアドレスを使うことを、デザイナーに伝えていたのだ。
が、googleでとったアドレス(Gmail)でも先方からのメールが届いていないという。
ということはgoogleでも「逆引きできないホストからのメールを遮断」しているのか?
そこで、フリーメールで「逆引きできないホストからのメールを遮断」していないところはないか調べてみた。
mnx.ne.jpとzero.ad.jpがDNS逆引き設定の無いメールサーバからのメールをspam扱いしはじめた件
ちょっと古い記事(2006年9月22日)だが、
実際のところ、niftyやbiglobeやocnやdocomoやYahooメールなどなどの各社が、DNS逆引き登録の無いホストからのメールをはじくような行為をやっているかというと、やっていないということ。
とあるので、Yahooメールだったら大丈夫そう。
たまたまgoogleのGmailだけそういう仕様だったのか?
ってか、むしろやっているところのほうが珍しいようだ。(2006年当事)

そもそも、
「逆引きできないホストからのメールを遮断」は「メールサーバー側の設定」のはず。
昨日の記事で「サブミッションポートの件」は「接続業者が行った」と結論づけていた。
これはいったいどういうことなのか?
もしかしたら問題は別のところにあるのかも知れない。
全ては週明け、接続業者及びインターネットサーバー提供会社に問い合わせてみて答えははっきりするだろう。

注)画像はイメージです。プランナーさんでもありません。