引き続き携帯電話の話題です。


小学校一年生のうちの子が、冬休みの生活の記録に、
「おとうさんがケータイをかった」と普通に書いているのを見て気がついた。
いまどき「携帯電話」は「携帯」ではなく「ケータイ」なのかもしれない。

そこで、調べてみた。

Google Trends: ケータイ,携帯,携帯電話
ちなみに上記サービス「Google Trends」といって、
任意の単語がgoogleでどれだけ検索されているかをグラフで見る事ができるサービスです。
これ見ると「ケータイ」は「携帯電話」には負けますが、
2006年後半からニュース記事でも使われるようになったみたいですね。
ちなみに「携帯」が非常に高いのは「携帯○○」なんてのがたくさんあるからでしょう。

さらに各キーワードのKEI値を調べてみます。
「携帯電話」のKEI値
google:約32500 yahoo:約270
「携帯」のKEI値
google:150 yahoo:90
「ケータイ」のKEI値
なぜか「携帯」と同じ結果となるため省略
一番知りたかったケータイのKEI値がわからなかったのでちょっと残念ですが、
いずれにせよ、データが古いのであまりあてにはならないかもしれないですね。

「携帯電話」とちゃんと表記するのが一番よさそうな気がします。
「携帯」と表記するんだったらヒットするページ数の少ない「ケータイ」でしょうか。

 googleで「携帯」254,000,000 「ケータイ」54,200,000
 yahooで「携帯」408,000,000 「ケータイ」237,000,000
 (2008年1月8日現在)

PS. iframe使った上記リンクの張り方ってアリなのかなぁと思ったり。。
  ま、いいや。問題あったらご指摘ください。