したいらしいシリーズがまた来ました。
過去のしたいらしいシリーズは
googleあたりで「したいらしい 地方の中規模」で検索できます。


今回の課題は「地図を大判で印刷したいらしい」です。

まずは物理的に可能かを調べてみました。

最近では、ネット上でも地図が確認できますが
まずは「地図ソフトで大判印刷に対応しているもの」
なければ「地図ソフトで編集可能なデータが書き出せるもの」を探してみます。
地図ソフトといえば株式会社アルプス社の「プロアトラス」シリーズが有名。
こちらはA3までの対応で、Illustrator形式での書き出しができません。
ただし、ラスタライズされちゃいますが、Distillerを使ってのPDF書き出しは可能。
こいつをIllustratorで開いて次から次へと張り合わせていけば何とかいけそうです。

さて、可能ではあることはわかりましたが実はやってはいけません。
これは、法律(著作権法)に反する行為だからです。

イラストレーターで使える道路地図を探しています

実は「売り物の道路地図を下絵にマップをトレスするのは違法
だということらしいです。
やばい、うちの会社の制作部全員が犯罪者になってしまう。
もちろん、そのままプリントしたものや、
それをつなぎ合わせて販売するのも違法です。(著作財産権)
まてよ、googleマップに関してはどうなんだろう?
ということで、googleマップ利用規約を読んでみると、
ユーザーは、全部であるか一部であるかを問わず、画像の複写、リバースエンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブル、変換、修正または派生物の生成をすることはできません。
とあります。
やはりダメなようです。これはNGですね。

では、ビジネスとしては無理なのか?
実は、
コンピュータ上に地図情報やさまざまな付加情報を持たせ、作成・保存・利用・管理し、地理情報を参照できるように表示機能をもったシステム。
GIS(地理情報システム)というのがあって、こちらのフォーマット「シェープファイル」(業界標準地図フォーマット)だったら使ってもなんら問題ないようです。
ただし、白地図並みの下絵にしか使えなさそうな地図しかなさそう。。
こちらできちんとした下絵(シェープファイル)を入手し、
自分でトレース、デザインという形にする以外なさそうです。
なお、シェープファイルをIllustratorで編集するにはプラグインが必要です。
Illustratorプラグイン PlugX-Shape
いずれにせよ、かなりの手間とそれに伴うかなりのお金が発生するでしょう。